チッテンデンロック(2000年7月5日)
 イエローストーン国立公園から帰ってきてからよく, 『Sockeye(Red) Salmonが遡上してきて,今が釣り真っ盛りだ』というのを NW Cable Newsで放送していたので, これはチャンスとばかり チッテンデンロック(Chittenden Locks)に遡上の様子を見に行きました.
ちなみにSockeye Salmonの解禁はID4(7/4)です.

 自宅から車で約30分ぐらいで着きます. チッテンデンロックへのアクセスはチッテンデンロックの北側, つまりワシントン湖運河の北にあたるBallardから行くのが普通だと思います. NW 54th Street沿いに無料の駐車場があります. matらが行った日は,平日にも関わらず駐車場は満車.(@o@;
幸いにも,すぐに空きが出たのでほとんど待たずに停めることができました. 土日祝日は多分すごい状況だと思います.

 ロックの手前にビジターセンターがあります. そこでパンフレット(チッテンデン堰自身のパンフレットは UWG.I.Joe's等のスポーツショップ でも置いてあります)をもらって,まずはロックの見学. 天気も良く夏のバケーションシーズンということもあってたくさんのプレジャー ボートがロックを越えていきます.

 ロック越えを暫し見学した後,お目当てのフィッシュラダー(Fish Ladder)へ. 下の写真は上から見たラダーです. 魚がたくさんいるのが分かるでしょうか?

そしてラダーを横から見るPublic Viewing Areaへ.
いましたいました. Sockeye Salmonがたくさん.(^o^)

 偶に流れに負けてラダーを落ちてしまうSalmonもいましたが,ほとんどの Salmonは元気にラダーを駆け上って行きます.(^O^)
『チッテンデンロックって何それ? 行く価値あるの?』と,全然気のなかった 嫁さんですが,ロック越えとフィッシュラダーの様子を見て満足した様子.(^o^;

 Salmon等の遡上の時期ですが,今回のSockeye(Red) Salmonが7月, Chinook(King) Salmonが8月後半,Coho(Silver) Salmonが9月後半, そしてSteelhead(海洋型ニジマス)が2月後半から3月中となっているようです.

Copyright (c) 1999-2002, Katsushi Matsuda. All Right Reserved.