モンスタートラック(2000年1月14日)
 アメリカにいる間に見られたら良いな,と思っている車関係のイベントの 一つが,モンスタートラックです. シアトルから30マイルほど南下したところにある タコマドームで幸運にも, USHRAのモンスタージャムがあるということで,早速 TICKETMASTER ONLINEで, 1月14日のチケットを買いました. モンスタージャムは,カーレースというより,ショーの一種です.

 ショーは,木曜日のPM8:00〜,金曜日のPM8:00〜,土曜日のPM2:00〜とPM8:00〜 と日曜日のPM2:00〜の5回開催されます. matはなんとなく,金曜日の夜が気に入って買ったわけですが,これが後々の悲劇 を呼ぶことになろうとは.......(-_-;

 タコマまで,車で1時間ぐらいなのですが,どうせならタコマドームの側にある タコマモールで買い物して,モール のフードコートで,夕食を取ってドームに行こう,ということで夕方の4時過ぎに 自宅を出発しました. しかし,Federal Way(シアトルから10マイルほどのところ)の辺りで,ほとんど 進まない渋滞につかまりました.(T_T)
ひーー.全然進みません. さすがアメリカ,渋滞も規模がでかいよなぁ,片側5車線あるのに.....(@o@;
さすがアメリカ,夕方の5時前なのに帰宅ラッシュかぁ......(@o@;
さすがアメリカ,こんな帰宅ラッシュを毎日経験しているのかぁ,並ぶのが苦に ならない国民性の違いか.....(@o@;
と思いながら,2時間以上渋滞につかまっていました.(T_T)
タコマドームに着いたのが,6時半頃. タコマモールで買い物&夕食なんていうのが無理な時間になってしまいました.

 タコマモールの入り口では,小雨が降り,非常に寒いにも関わらず,まだ開門 されてなかったため,嫁さんが寒い寒いと震え出す.(T_T)
これは中に入っても同じでした. ドームの中で車が走り回るのだから,当然排気ガスを換気しなければなりません. そのため,ドアをオープンにしてあるらしく,ドームの中なのにほとんど外気と 同じ温度. 多分0度前後です. 寒い寒い.(T_T)
そのため,嫁さんは凍え,ろくすっぽショーを見ることができませんでした. 座席も安物のため,座り心地が悪く,嫁さん曰く, 『タコマドームはアメリカ最悪の思い出』.(^_^;;
まぁ,確かに寒かったです. それでも20人に1人ぐらいの割合で半そでの人がいるのがアメリカらしいですが. (^_^;

 タコマドームは,世界最大級の木造ドームだそうです. 木造のフレームが分かるでしょうか?

 ショーが始まるまでは,普通サイズの車のレースや,子供達の4輪バギーバイ クのレースなどの余興がありました. 更にこの余興と全く同じものがショーの合間(というか半分ぐらい)にもあり ました. モンスタートラックばかりするものと思っていたmatはちょっと残念.

 しかし,モンスタートラックは,本当に迫力がありました. F-150と同サイ ズのボディに巨大なタイヤ,それが轟音を立てて,スクラップの車の上を飛び越 えて行きます. 本当に轟音です. matは鈴鹿サーキットへF1を見に行ったことがありますが,そのヘアピン立ち上 がりの音なんかかわいい音に聞こえてしまいます.

 嫁さんの調子が悪い(寒さと轟音のため)ので,モンスタートラックの出演が 2回終わった段階で帰宅することに. 1時間ほどで無事帰宅. 帰ってきて家でテレビを見ると,ニュースで,実は26台の玉突き事故が起こって いたことが判明. 事故に巻き込まれなかったのが不幸中の幸い.

Copyright (c) 1999-2002, Katsushi Matsuda. All Right Reserved.