オートショー(1999年11月20日)
 話せば長くなりますが........
11月15日ぐらいにmatが購読している Seattle Times(日曜版だけですが)からアンケートが届きまして, そのアンケートの中には,今後も購読する予定ですか?という設問があって, 「はい」と答えて,返事を出してやったら,次の日に早速電話があって, 購読することにしました. すると,その次の17日の夕刊が誤って配達されていました. ちなみに今までの購読は,入居したその週ぐらいに電話で13週で$13という 日曜版のスペシャルオファーでした. 次の購読からは普通料金(13週で$24.05)です. アンケートには,引き続きスペシャルオファーでお願いと書いておいたの だけど駄目でした.(;o;)
おっと脇道にそれてもうた.(^o^;;
その誤って配達された夕刊に,シアトルインターナショナルオートショー2000 の特集記事がありました. これです.

 早速しぶる嫁さんを引き連れてダウンタウンの キングドームの隣にある Stadium Exhibition Centerに行ってきました.

 朝の10時開場なので,それに合わせて行きました. けっこう車が並んでいましたが,さすが車社会のアメリカ,駐車場への入り口 が3車線もあります.(@o@)
そのためか,あまり待たずに駐車することができました. そして入場するためのチケット($7.95/1人)を購入しようと待っていると, すごい警笛の音が. そうキングドームの横はAmtrakの線路 があり,道路を横切っているため,汽車はものすごい警笛を鳴らして走っている のです. ダウンタウンにもかかわらず,線路には遮断機がないので.......(-_-;
そのとき撮った写真がこれです.

またまたそれてしまった.(^o^;

 入場したのが2F入り口です.入り口入ってすぐにこのような景色が広がって います.

 始めはあまり期待をしていなかった嫁さんが,20台以上の車に乗り込んで, mat以上に喜んでいました. これはPONTIACFIREBIRDの運転 席に座って喜ぶ嫁さん.

そして,これがLand RoverDISCOVERY の前でポーズをとる嫁さん.

 matが撮った写真の一部です.

 このショーでの一番の見所は, Chrysler PT Cruiserだと思います. 会場には,金ぴかのPT Cruiserが展示されていました.

Copyright (c) 1999-2002, Katsushi Matsuda. All Right Reserved.