嫁さん喜ぶキャンプ
日程
1999年4月30日〜5月2日
場所
吊り橋の里キャンプ場(奈良県十津川村)
熊野本宮古道キャンプ村(和歌山県本宮町)
施設
トイレ,水道,コインシャワー(吊り橋)
五右衛門風呂(吊り橋),露天風呂(古道)
車で15分のところに温泉(吊り橋)

 GWに紀伊半島縦断キャンプ旅行をしました.
吊り橋の里キャンプ場,熊野本宮古道キャンプ村は持ち込みテントでの 予約は不可とのこと. 最終日に白浜で,水着で入れる露天風呂があるキャンプ場を予約しようとしたが, 遅かったらしく空きなし.(T_T)
仕方がないので,白浜では泊まらず,アドベンチャーワールドに行ってそのまま 帰ることにしました.

[1日目]
 朝9時に家を出発.嫁さんがキャンプ資金を降ろし忘れたので, まずは銀行へ.(^o^;
その後,朝食にマクドへ. 1年間待ったチキンカツバーカーを選ばず,ソーセージエッグマフィンを選び ました. ちなみに嫁さんは,昨日一晩考えたあげくフィレオフィッシュに.(^o^;
二人でこのGW中にチキンカツバーガーを食べることを誓うのであった.(^O^)
家のそばのR168をスタートし,ひたすらR168を南下する. 今回のキャンプの目標の1つがR168のほぼ制覇である. R168の一端はR1にぶつかる枚方なので家から出発するとほぼR168の一端から 出発することになる. 今回のキャンプの最終目的地は白浜なので熊野本宮までひたすらR168を南下する ことになります.

 R168を南下している途中,嫁さんがいきなりおいしい和菓子を食べたいだの かしわ餅を食べたいだの言い出したので,まずは御所のサティで休憩.(-_-#
しかしおいしそうなものがなかったらしく,結局買わずにトイレ休憩のみ.(-_-##
正午には五條に到着したので,またもやサティでお昼休憩. ここで嫁さんはかしわ餅を2個ゲット. 松田は好物のちまきをゲット. お昼ご飯はサティ内にあったマクドで二人揃ってチキンカツバーガー.(^O^;
朝昼と連続マクドになってしまいました.

 五條を過ぎると,渋滞なしで十津川の吊り橋まで到着. 本当は吊り橋の真下にあるキャンプ場に行きたかったのですが,間違えて その横のキャンプ場にチェックイン. 午後2時前でしたが,広大なキャンプ場内には10組もキャンパーはいませんでした. ちょっと奥まったところにテントを張ることに. またもやテントの設営は午後2時頃.(-_-;;
今回は風があったため,それほど暑い思いをせずに設営完了. 風が強いため,タープは断念. 立てられなくもなかったが,面倒だったので,風を理由にパス.

 設営が済んだところで買っておいたかしわ餅とちまきを食べて休憩. せっかく来たのだから吊り橋を渡ることに. キャンプ場のおっちゃんに聞いたら,普通に行けば駐車場代を取られるので, 裏側から行くことを薦められ,無事無料で車を停めることに成功.(^O^)
吊り橋は300mもあり,高さも50mぐらいでしょうか. 下の河原には白い石でいろんな人がメッセージを描いており, なかなか面白かったです. 嫁さんは葛橋の方が面白い(嫁さんは高いところや恐いものが好きなので,ここで 言う面白いは,より恐いという意味)と言っていましたが,matはこちらの方が 面白いと思いました. 葛橋は板張りではないが,高さがないので落ちてもなんとかなるかな?という 感じで,こっちは板張りがあるけど,板が折れたら落下してそのまま死にそう な感じです.(^o^;

 吊り橋を往復して帰ってきてから,釣りをすることに. 流れが急でポイントらしいポイントがなかったのですが,なんとか澱んで いるところを見つけキャスティング. と言っても単なる渓流釣り竿ですが.......(^O^;
1投目か2投目でいきなりフィッシュオン.(@o@)
15cmぐらいのハエが釣れました. しかしその後小1時間ぐらいねばりましたが全く当りなし. 釣りを止めて,夕食の準備をすることにしました.

 今回のキャンプはいかに簡単(適当?)に食事をするか,というところに 目標(?)を置きました.(^O^)
今日の夕食はおでん. しかもレトルトで,温めればOKのもの. ただし,家にあったこんにゃくと,昨日材料として作った『もち巾着』を レトルトに追加. これだけで結構なボリュームになりました.なかなかグッドな夕食でした.(^o^)

 夕食後,温泉に. R168を北上し,約10kmの夢乃湯というところです. この夢乃湯は村営なのか村民は800円の半額の400円で入れます. サウナ,ジャグジー,ジェットバス,露天風呂があり,まだ新しくきれい. 休憩室も大きくグッド. また,ここにはカラオケルーム,ミーティングルーム,売店,図書館などもあり, 村民の憩いの場となっていました. なかなかの施設でお奨めです.

 温泉から帰ったら,暗くなっており,酒を飲みながら星空を眺めることに. しかし,風が若干あり(昼間ほどではない),ぐんぐん冷えてくる. 翌日聞いたところによると,10度を切っていたようです.(-_-;;
寒いので七輪に火を付け,暖を取る. しかし,寒い寒い.(T_T)
しかも今日は満月で空はかなり明るい. そのため星はほとんど見えない. 仕方がないのし,寒いので,寝ることに.

[2日目]
 朝,寒くて寒くて目が覚める.(T_T)
テントを張っていたのが,キャンプ場の東側で,且つ東側には山が あるのでなかなか日がテントのところまで来ない. 寒いので,川の方(西側)に行き,日向ぼっこする.(^o^;;
1時間ぐらいして(多分午前7時頃),やっとテントのところまで日が 当たってきたので,いつもの朝食(パンケーキ)を作り食べる. 今日のお昼ご飯は次のキャンプ場でBBQのつもりなので,早めに撤収し, 移動することに.

 次のキャンプ場は熊野本宮古道キャンプ村です. またひたすらR168を南下するが,本宮町の手前でR168は新宮方面に行って しまうので,R168とはここでお別れ.(T_T)
予定通り昼過ぎにキャンプ場に到着. このキャンプ場は吊り橋の里キャンプ場より更に広く,歩いて全部回るのは ちょっと無理. テントは.......そうですねぇ.......3000張ぐらいはいけそう.(^o^)
もちろん,遠い人はトイレに行くのも大変. 河原の石は吊り橋の里キャンプ場よりごついので,歩くのも結構大変です. matらは早めに着いたので,河原への降り口の脇に場所を確保できました.(^o^)
しかーし,これがとんでもないことになるとは.........(-_-)

 テントも張らず,まずはBBQをして腹ごしらえ. そしてテントを設営............やはり,テントの設営は午後2時頃に なってしまい,暑いこと,暑いこと.(^o^;
テントの設営が終わり,嫁さんが休んでいる隙に川まで (直線距離で河原を約200m)行き,釣りのポイントを探すことに. しかし,テントから見える川はほぼ直線の流れなのでまともには釣れないと判断し, テントに戻り,車で釣りのポイントを探すことに. かなりの砂利道をレガシィで走り抜け,テント群から約1000mぐらいのところに 川の溜まりを発見. ここまで来ることができるのは4WDだけです. 普通の車なら完全にスタックしてしまいます.注意が必要です. この溜まりで,嫁さんと2人で釣りをすることに. この溜まりは河原から3mぐらい降りたところにあるため,全く人の目を 気にせずに釣りに専念できるベストポジション. 溜まりの大きさは....うーん.....50mプールぐらいでしょうか. ここで約3時間ぐらい釣りをしました. matは5cm〜15cmぐらいのハエを計20匹ぐらい,嫁さんは3cmぐらいのハエを 4匹釣りました. 全て3cmぐらいのジャコというのは逆にすごい.(^O^)
石でイケスを作って釣れた魚を置いていたけど,結構すき間から逃げ出して しまいました. まぁ,最後に全部リリースするので問題ないけどね.

 釣りを終えて,車でテントまで戻ってくると,なんと凄いテントの数. 釣りに行く前は50張足らずだったんだけど,帰ってきたときには500張ぐらいに 増えていました. 聞くところによると,川湯温泉キャンプ場から溢れた人がこちらに回って 来たらしいです. うーん.川湯温泉キャンプ場はそんなに人気があるのか.今度行ってみよう.

 そろそろ夕飯の時間になったので,今日も手抜きご飯に.(^O^;
ずばり,カレー.しかもレトルト. ご飯を炊いて........,実は1年振りのご飯なのでちょっと心配だったが, 完璧に炊けた.うんうん. ご飯を炊くのはもう全然問題ないなぁ,と一人で納得.

 このキャンプ場には,露天風呂の施設があるので,そこ行ってみました. しかーし.露天風呂は改修中でやってなく,内風呂も36,7度ぐらいしかなくて 全然温まらない. シャワーも中途半端な高さにあり,もう最悪.(T_T)
熊野本宮古道キャンプ村に行った場合は,絶対にこの露天風呂には入らない ように注意して下さい. 近くにたくさん温泉がありますので. お風呂から上がって,七輪に炭を燻,暫くキャンプファイヤー(^o^;
昨日よりは寒くないが,やはり寒いので寝ることに....

[3日目]
 朝から車の音で起こされる.(-_-#
夜中にも確かにキャンパーが続々と来ていたが,朝の5時頃からも続々と来る. 料金を踏み倒すためなんだろうが,寝ている者にはめちゃくちゃ迷惑. しかも通路のまん中にテントを設営する馬鹿もいて,車が渋滞する.(-_-##
最近のアウトドアブームと,GWということで俄かキャンパーが増え,モラル が完全に低下しています.あーぁ.

 朝食を食べ,そういった連中を見ていると..........
4人乗りのアコードが思った通り,坂でスタック. 後ろに乗っている人が降りればちょっとはマシなのに,よりにもよって,その ままの状態で,ハンドルを少し切り,フルスロットル.(@o@;;
ガガガガ......パンパンパンパン,ガンガンガンガン......
砂利がmatの愛しのレガシィ号(愛称:れがP)に数発当り,数ヶ所の凹みとそれ 以上の塗装のハゲが......(ToT)
逃げようとする運転手を捕まえ,保険で修理させるようにしました. 後日,無事れがPは元通りのきれいな身体に戻りました.(-o-)

 キャンプ場を後にし,アドベンチャーワールドに寄り,そのままR42,海南湯浅 道,阪和道,近畿道と乗り継ぎ夜中の未明に帰宅. 途中眠くなり,海南湯浅道で仮眠しました.

Copyright (c) 1999-2002, Katsushi Matsuda. All Right Reserved.