花火師とキャンプ?
日程
1998年8月8日〜9日
場所
牧キャンプ場(滋賀県近江八幡市)
施設
トイレ,有料の水道
車で10分のところに公衆浴場とスーパー等

またまた会社の仲間とキャンプに行きました. 行き先は琵琶湖の牧水泳場に隣接する牧キャンプ場です. トイレが2箇所完備で平地で非常に広く,無料なのが良いのですが, 水道が有料なのが難点. しかも,水道は人数X日数でレンタルなので,今回は16リットルと20リットル のタンクに水を入れて持って行きました.

 10時に奈良の職場で集合でしたが,当日の朝日本に帰国するはずの後輩のN君が 来ない. ちょっと待っていると,彼の車とは別の車に乗って登場.(?o?)
車を修理しているらしく,代車での登場でした. 修理が上がるのが昼頃になるらしく,後で追いかけてくることにして, 3台の車で出発.

 お昼を近江八幡市のガストで食べ,食料その他を仕入れるために,近くの ダイエーに. 今回はスイカも仕入れました.(^o^)
ダイエーには,板氷も売っていました.板氷は持ちが良く, 安いのでラッキー.(^O^)V

 キャンプ場への到着は3時頃で,駐車場も徐々に空いてきており,簡単に 入ることができました. 広場みたいなところに設営を開始. 会社の大テント,同期のH君のテント,matのテント,後輩のぼろテント, 会社の小テントと,同じくH君のスクエアタープを張る. やはりスクエアタープは広々として良いですねぇ. 今回はmatのヘキサタープの出番はなし. ちょうど設営しているころにN君が合流.よかったね.

 そしてバーベキューの準備をすることに. 後輩のS君(ぼろテントの持ち主)と遅れてきたN君が火を起こすことになりました. H君とmatのキャンプ道具で,トーチバーナーが2個,チャコール,着火剤が あるのにも関らず,S君が新聞5枚からだけで炭に火を付けることに挑戦.(^o^;
うちわを貸してあげたら,30分ぐらいで見事着火. すばらしい.拍手.ご苦労様.S君は前から炭大臣をしていたが,これで 名実ともに炭大臣と相成りました.(^O^)
バーベキューの途中から雲行きがあやしくなり,終わりかけのころから ぽつりぽつりと雨が降ってきてしまった. みんなでタープに避難して,しばらく休憩.

 その後,H君を留守番に残して,みんなで公衆浴場へ. 最近の公衆浴場はサウナやジェットバスやらいろいろとついていてびっくり. 女性陣の中にははじめて公衆浴場に行く人も. お風呂から帰ってきてしばらくすると雨が小康状態になり,みんなで花火をするこ とに. 花火が終わってみんなでしゃべっていると,近くで大きな打ち上げ花火が. 売り物では考えられない程大きな花火で,しかもそれを連発させている. 近かったため,かなり迫力がある. まるで花火師が趣味で打ち上げ花火をしているみたいな感じ. なんか得したみたい.(^O^)V
また雨が強くなってきたので12時頃に寝ることに.

 雨は一晩中降り続き,朝になってやっと降り止みました. S君が持ってきたおもちゃのバトミントンで早朝の運動をする. 朝食はパンに色々なものを挟むシンプルなもの. しかし,朝起きたら,置いておいたパン3袋の内,1袋がカラスにやられて しまっていた.(T_T)
朝食が済むころから天気が回復してきて,暑くなってきました. でもそのお陰で,テントやシュラフを完全に乾かすことができました.

 お昼頃に撤収し,本日の予定であるぶどう狩りの場所である栗東の方へ 移動開始. matはお腹があまり空いていなかったため,ぶどうで代替できると思っていたが, 若干名お腹が空いたとわがままを言う(^o^;ので,途中で昼食を取るはめに. そして,3時過ぎには栗東の競馬練習場の近くにあるぶどう農園に到着. 値段は一人900円+消費税でした. まだ時期的に早いため,食べられるぶどうの種類はデラウェアのみ.(T_T)
目の前に別の大粒のぶどうがあるが,「食べちゃ駄目」と言われてしまう.(T_T)
試しに1粒取って食べたが,かなりすっぱく,食べられたものではない. 農園の人の言うことは正しかった.(^o^;;
みんなで楽しくぶどうを食べているが,前日に降った雨のせいで, 下が若干湿っており,御座ごしにおしりが濡れてしまう. matは頑張って元を取るため,14房も食べたのでした.

Copyright (c) 1999-2002, Katsushi Matsuda. All Right Reserved.