薬におびえた淡路島キャンプ
日程
1998年6月6日〜7日
場所
洲本海水浴場(兵庫県洲本市)
施設
トイレ,車で20分のところに温泉
車で5分のところにスーパー等

 またもや会社の仲間とキャンプに行きました.
目的は,明石海峡大橋を渡ることと,シーフードバーベキューです.
大阪にある会社の支社に朝集合し,高速を使って明石海峡大橋に向いました. 大した渋滞はなく,明石海峡大橋に到着. 明石海峡大橋では,他の車と同じようにのろのろ運転.(^o^;;
そして明石海峡大橋を見渡せるサービスエリアで早めの昼食. 洲本市までは下道を使いました.

 洲本海水浴場に到着し,キャンプをしようとしたら,海水浴場の入り口には, 『キャンプ禁止』の立て札が....(-_-;
おや?
「キャンプできるよ」との情報で来ただけに今更引き帰せない. 本当はいけないことだけど,「まぁ,いいか」と勝手に許可し,入ろうとすると, 今度は,『松食い虫の除去のため,7日早朝5時に薬を散布します』 との立て札が....(@O@;
さすがにテントが張ってあったら散布しないだろう,するとしても,起こして くれるだろうと楽観して,テントの設営を強行.(^o^;;
今回は会社のパオ(大きなテント)と,matのテントと後輩君のぼろテントと 会社の2人用テント(大きさ順)と,matのタープを設営する. 松林になっているため,タープがいらないぐらいです.

 3人に食料の買い出しと水の確保に行ってもらい,残りでテントを設営する ことに. matはテントの設営指揮(楽ちん(^O^))と,シーフードバーベキュー用の場所を 作成. 早めにバーベキューを始めました. シーフードということで,イカ,ホッケ,サザエ,ホタテ等がメインです. でもやはりシーフードは材料費が高くつきます.

 バーベキューが終わるころには海風で結構冷えてきたので,そのまま キャンプファイヤーに突入. 薪を2束買ってきてあったが,すぐになくなってしまう. 長さ2m,重さ100kgはあろうかという流木を見つけて,それにも火を付ける. と言っても薪のように燃えることはなく,炭になるだけだったが. まぁ,海風が強かったから,燃えたら火事になっていたかもしれないです.(^o^;;

 お風呂部隊と居残り部隊に分かれてお風呂に行くことに. 車で20分ぐらいの山の中に温泉がありました. 名前は............忘れた.....(^o^;
温泉にしては珍しく,22時までに受け付けを済ませば入浴できます. matらは21時過ぎぐらいに行きましたが,お風呂を済ませて女性陣を待っている 時(22時過ぎ)でも地元の人達がかなり来ていました. 融通が効くようです.

 お風呂から帰ってくると結構寒い.でもみんなで頑張ってキャンプファイヤー を続ける. 古今東西ゲームをし,負けた人が罰ゲームをすることに. 罰ゲームは海に向かって大声で何かを叫ぶことに. 叫ぶ羽目になったのは,matが2回,女性2人がそれぞれ1回ずつでした.(T_T)
そうこうしてゲームをやっていると, いきなり,巨大な芋虫が近づいてきた.(@o@;
いや,違った.芋虫ではなく,マミータイプのシュラフにくるまって 「ぴょんぴょん」近づいて来た男でした. 芋虫曰く,「連れが寝てしまったので,この格好を写真に撮って下さい」.
なんじゃそれ?
よーわからんけど,証拠写真らしいので,撮ってあげました.
そして明日の朝の薬の散布がないことを祈ってみんなで寝ることに....(^o^;

 松田が起きたのは朝の7時過ぎ. ほっ.(^o^;
散布はなかったorなくなったようです. でも数名は不安で夜中や早朝に起きてしまったようです. matの嫁さんはじめ数名は,気にせずぐっすり寝ていたようだった.(^o^;
朝食は色々な具を好きなように挿んで食べるパンとサラダとスープ.

 昼前に撤収し,ミニチュアランドがあるオノコロへ向かうことに. オノコロでは各自自由行動にし,夕方集合して,別の温泉へ移動. この日の温泉は,ハーブ温泉です. ハーブの即売やハーブグッズも売っていました. 宿泊施設もあるが,われわれは当然温泉だけ.

 淡路島の西側の海岸線を走って帰ることに. サンセットロードという名前がついているらしく,しかもちょうど日の入りの 時刻だったため,海に消える太陽が非常にきれいでした. パーキングエリアで,昨日買っておいた「びわ」を夕日を見ながらみんなで 食べることに. うーん.なかなか絵になる.(^O^)

Copyright (c) 1999-2002, Katsushi Matsuda. All Right Reserved.