脳味噌腐るまでキャンプ
日程
1998年4月28日〜5月1日
場所
十和村交流センター(高知県十和村)
施設
水場,トイレ(水洗),自動販売機,レンタル
車で10分のところに温泉

 嫁さんと二人で四国キャンプ旅行第2弾と称して,四国の西半分 (と言っても四万十川の上流だけ)を制覇すべく計画しました.

[1日目]
 前回は淡路にフェリーで入り,そこから車で 徳島入りしたが,今回は高知ということで,フェリーで高知に入ることにしました. 大阪南港を夜の9時頃出発し,朝の7時頃に高知市に到着. 今回は奮発して寝台にしたため,場所取りや他人の目を気にせずに ぐっすり寝れました.

[2日目]
 高知市の港の近くで,買っておいたマネケンのワッフルを朝食にし, いざ四万十川へ. 途中で今日の夕食の海鮮バーベキュー用の食材を買おうとしたのだけど, 朝が早かったため,どこの店を開いていない.(;o;)
仕方ないので,途中の喫茶店でコーヒーを飲んで時間を潰すことに. 昼前に魚屋さんを見つけ,ほたるいかとトビウオを仕入れることに成功.

 目的地である十和村交流センターに着いたのは午後3時頃. 管理人のおばちゃん曰く, 「3日後には,小学生の団体さんが来るので混んでくるよ」. よかった.本当によかった.(^O^;;
matらは2泊だけの予定だったので,団体さんと遭遇することもない.(^O^;
テントサイトはフリーで,全面芝生.広さは1000坪ぐらいはあると思う. 到着した時,テントはまだ3,4個ぐらいしか設営されていなかった. でも徐々に増えてきた. と言っても,ほとんどがライダーで,1人用のテントなのでまだまだ余裕.

 昨日雨が降ったらしく四万十川はちょっと増水気味. でも水は冷たく,さすが日本一の清流と言われるだけあり,澄んでいる. 今晩の食事は海鮮バーベキューである. 新たに購入した七輪を使い,バーベキューをする. さすが伝統の七輪!! 少ない炭でも強力な火力がある.(@o@)
食事の後はお決まりの温泉へ. このキャンプ場から車で10分のところに十和温泉があり,そちらに向かう. 後は寝るだけ.

[3日目]
 寒いと思って,防寒の服は持ってきたが,思っていた以上に暑く, 昨日はたっぷりと汗をかいてしまったので,今日はTシャツを買いに遠出する ことに. サティが車で40分ぐらいのところにあり,なんとかTシャツをゲット. これで暑くない.(^O^;
今日は何もせずにぼーとすることが唯一の目的. タープの下で椅子に座ったり,ロールマットの上で寝そべって,それぞれが 持ってきた本を読み,だらだらしながら過ごす. 最高のぜいたくです.(^O^)

 夕飯はいつものパエリア&ミネストローネ&ワイン. 食後は,昼間にサティに行った帰りに道端で売っていたいちご(1パック200円(@o@)) を食べる. いちごを冷やすために,クッカーの一番大きな鍋にクーラーの残りのロックアイス を入れて,ワインと一緒にぶちこむ.(^o^;
これがなかなかいい感じで,ちょっとおしゃれ.(^O^)
残念ながら,夕方から雨が降ってきた.お風呂に行って寝る.

[4日目]
 朝起きても雨が降っている. 小雨とはいえ,今日撤収する予定なのでちょっと気が重い. 雨が小降りになるのを待って,2人で一気に撤収. だいぶ嫁さんも設営/撤収に慣れてきたので,それほど濡れずに完了.(^o^)

 昼前に松山市に向けて移動を開始. 途中,道路工事のため,山道を抜けなければならなかったが,予定通り 午後3時頃には松山市に到着. 雨も降っていない. 松山市ではキャンプをせずに,ホテルに泊まる予定. 晩飯は「るるぶ」で見つけたてんぷら屋さんに行きました. 値段が安かったのですが,外見は完璧に料亭だったので,入るのに躊躇して しまいました.意外と気が弱いmatでした.(^O^;;
目の前のくるくる回るカウンターで,てんぷらを揚げてもらって, ちょっとリッチな気分. 後はホテルに帰って寝るだけ.

[5日目]
 今日は松山市内を観光し,後は瀬戸大橋を使って帰るだけ. 観光については省略.
なぜ瀬戸大橋を使ったかというと,次のキャンプの時に明石海峡大橋を 使うことがわかっていたし,matが瀬戸大橋を使ったことがないためです.

Copyright (c) 1999-2002, Katsushi Matsuda. All Right Reserved.