ドライトートガス,エバーグレーズ,ビスケーン(2001年12月19日〜2002年1月4日)
 年末年始の旅行としてどこに行こうか考えたところ,あまりネットでも情報が ないフロリダの3国立公園(ドライ トートガス国立公園エバーグレーズ 国立公園ビスケーン国立公園) に行くことにしました. やはり,アメリカ国立公園をメインのコンテンツにしているのだから,先達に ならないと,という義務感と優越感のためです.(^^;

 日程は,12月19日という年末とは言えない出発日に決定. 航空券を予約したときにはまだテロが始まっていなかったため,空席が少なかった のと,いつも通り19日までだと料金が安いという理由です. 東海岸ということで,ビジネスクラスにアップグレードを考えました. でも,前回100,000マイル使ってしまったため,matと嫁さんのマイルを足しても 100,000マイルもなかったため,片道だけアップグレードすることにしました. で,往路にするか復路にするかで悩みました. 行程は,大阪(KIX)-デトロイト(DTW)-マイアミ(MIA)です. 往路は,KIX-DTWが11時間,DTW-MIAが4時間,復路はMIA-DTWが4時間,DTW-KIXが 13時間. 時間だけで考えるなら,旅行で疲れるだろうこともあって,文句なく復路です. でも往路のDTWでの乗り継ぎが悪く,7時間という長い待ち時間があるのです. KIX-DTWがビジネスクラスの場合は,アメリカ国内線での乗り継ぎ時にラウンジが 使えますので,今回は往路をアップグレードすることにしました.

 さて,フロリダでの予定ですが,ホリデーシーズンということで,日程と行く 場所を工夫しなければなりません. ということで,次のようにしました.

日程目的宿泊地宿
12月19日到着後寝るだけマイアミHoliday Inn Express
12月20日〜22日キーウェスト観光,ドライトートガスNP キーウェストBest Western
12月23日〜28日テーマパーク,ケネディ宇宙センター オーランドHoliday Inn Express
12月29日〜1月3日エバーグレーズNP,ビスケーンNP マイアミDays Inn
最も注意しなければならないのが12月25日のクリスマスです. この日はアメリカのほとんどのことが休止してしまうので,休止してしまわなそうな テーマパークをこの日に持ってきました. クリスマス前後はテーマパークが混雑してしまいますが,仕方がないです.

 宿は,上の日程に合わせてモーテルをWebで予約しました. 12月19日と12月23日〜28日がいつもの Holiday Inn Expressで, 12月20日〜22日がBest Westernで, 12月29日〜1月3日がDays Innとなりました. 本当はすべてHoliday Inn Expressにしたかったのですが,高かったので, 一部他のモーテルチェーンとなってしまいました. Best Westernは悪い印象が一新されるのか?  ザイオンでの評価がそこそこだったDays Innは今度はどうなるのか?  ハラハラドキドキのチャレンジです.(^^;

 レンタカーは最近よく使うAlamoでは なく,Hertzになりました. 理由は,Hertzの#1 Club Goldの年会費無料の特典に惹かれて入会してしまった のと,マイアミではHertzが最も安かったということです.

 いつもの地図です. 青いのが今回の旅行で通った道です.

【1日目】日本→デトロイト→マイアミ
 いつもの通り,家の近所からリムジンバスに乗り込み,
関西空港へ. 今回は,テロの影響もあるので,3時間以上前に到着しました. 空港内のマクドでお昼ご飯を取ってからチェックイン. チェックインカウンターはどこの航空会社も行列. いつも並んでいるUAはともかく, 比較的空いているNWも行列.(@_@;
今回もビジネスクラスだったので,その行列に並ばずに済んだのがうれしい.

 ラウンジで休憩後,搭乗手続きに. チェックインの時もスーツケースを開けられたが,ここでも手荷物を全部 開けられてしまいました. かなり徹底的に. 2F席だったからなのだろうか? 

 デトロイトでアメリカ国内線に乗り換えることなるのですが,前回のホノルル でのトランジット3時間が可愛く思える7時間待ち.(-_-#
デトロイト(DTW)-マイアミ(MIA)間はファーストクラスなので,その搭乗券 を持ってラウンジに行くと,それではダメと言われる. ここで引き下がっては7時間も潰せないので,デトロイトまではビジネスだった と言うと,あっさりOK. 聞くと,太平洋航路がビジネスクラスで乗り継ぎの場合はラウンジが使える とのこと. 確証を見せて無事ラウンジに入ることができました.ふぅ.(-O-;

 ラウンジ内では,嫁さんが雑誌 (いつものMartha Stewart Living) を読んで,matはノートパソコンでゲームをして暇つぶし. この間,matはタバコを吸うために4回セキュリティゲートを通りました.(^^;
デトロイト空港は館内全館禁煙なので,タバコを吸うためには,外に出ないと いけません. 外に出るとコンコースに入るためには,搭乗券とIDが必要で,もちろんセキュリティ チェックもされます. これを4回もしたということです.(^^;

 1時間ほど遅れ(結局8時間待ち),マイアミ行きが出発. 本当は,食事は出ないのだけど,遅れたお詫びということで,ファーストクラス の客にのみ軽食が出ました. お腹は空いてはいなかったけど,結構いけました.(^^;
そしてマイアミ国際空港に着いたのが日付が変わった夜中の1時. 荷物をピックアップして,モーテルのシャトルに乗って,チェックインしたのが 2時前. シャワーを浴びて寝たのが4時. うぅ.明日は6時半には起きたいのに....

本日の走行距離:0mile(0km)

【2日目】マイアミ→キーウェスト
 なんとか6時半に起床し,9時頃空港の
Hertz に到着. 空港からHertzのオフィスへのシャトルバスの運転手は非常に感じが良かった. やはりHertzは違うね. 今回から,Hertz #1 Club Goldのメンバーになったため,車が既に 用意されていて,しかも電光掲示板に名前まで出ている. 写真撮りたかったけど,はずかしいのでやめました.(^^;
とここでショックなことが判明. 何かというと,車の中にあった契約書をよく見ると,貸し出し時間が10時半に なっている. そう,そうだった.......
マイアミ到着が遅くなるだろうと思って,貸し出し開始時間を1時間程ずらした んだっけ........
くぉそぉ〜,あと1時間寝ていられたぁぁー.(TOT)

 気を取り直して,一路キーウェストへ. 1時間程でフロリダキーズ(フロリダの南に位置する小島の列島のことです)の玄関 であるキーラーゴに到着. まずここのビジターセンターで情報収集. ビジターセンターのおじさんは,『フロリダキーズには,100以上の橋があるんだ. これは世界一だよ.』と誇らしげに語ってくれました.(^^;
嫁さんはビジターセンター隣のショップでキーライムの飴やら何やらを試食したり, 店員さんとおしゃべりしていました. 何でも,通販もするから遠慮なく言って,とのこと.(^^;

 引き続き,キーズをキーウェストに向けてドライブ. 昼過ぎに45マイルポストに到着. そうここから,かの有名なセブンマイルズブリッジが始まるのです.

 この写真はキーウェスト方向に向かって撮ったものです. 右が古い橋で左が現在の橋です. 古い橋は途中で落ちていて,現在は通過することができませんが,かなりの距離 は歩いて行けます. 橋の上では釣りをしている人がたくさんいました. 確かに長いのですが,平坦で,海面からも近いので走っていてあまり感動はあり ません. 車だとあっと言う間に通過してしまいます. 上空から見る方がいいのかも.

 3時頃には,キーウェストに到着しました. キーウェストでの宿は凝りもせず, Best Westernにしました. 本当はHoliday Inn にしたかったのだけど,高かったので,仕方なく. で,Best Westernはどうだったかというと,やはりイマイチでした. 昔ながらのローカルモーテルがBest Western系列になったという感じ.

 下見がてらダウンタウンの方をドライブし,嫁さんは,有名な Key West Key Lime Shoppeで この旅行初のキーライムパイを購入. そして,スーパーでネット友達から聞いたハニーベルがあるか聞くが,クリスマス 以降にしか出回らないとのこと. また,キーライムジュースを100%のと濃縮還元のを購入. 宿に戻って,早速100%の方でキーライムネードを作って飲んでみました. 超すっぱいです.砂糖なしでは到底飲めません. でもおいしかったです. ところで肝心のキーライムパイは,まぁまぁでした. 大阪ジョーズのキーライム パイの方がおいしいです.

本日の走行距離:181.3mile(291.8km)

【3日目】キーウェスト→ドライトートガス国立公園→キーウェスト
 今日は最初の国立公園であるドライトートガスに行く日. ドライトートガスはフロリダキーズの先っぽ(キーウェストから約110km西)に ある小さな諸島にある昔の砦です. この砦(Fort Jefferson)には,水上飛行機か船で行くしか方法がありません. 水上飛行機は高いので,mat家は迷わず船を選択. これが失敗の原因とは....
船のツアーは2会社あります. mat家が選んだのは,
Sunnydays Tourの双胴船ツアーです. 旅行出発の1週間ぐらい前に予約しました($95/1人).

 ツアーの出発は朝の8時,そしてチェックインは7時半まで,ということなので 宿を7時に出発. チェックインカウンターの裏にある駐車場はパーキングメーターがついています が,カウンターのお姉さんに聞くと,無料とのこと. ここに車を止めました. そして次の日からもここはお世話になりました. ガイドには駐車場が大変と書いてありましたが,停めている車のパーキングメーター を見ても誰もお金を入れていません. 駐禁を取り締まるポリスの姿も一度も見かけませんでした. 多分,入れなくても大丈夫ではないかと思います.保証はしませんが.

 ツアーの双胴船です.小さく見えますが,本当に小さいです. 定員は60人ぐらいです. もう1つのツアー会社の双胴船は2周り程大きかったです. そっちにしておけば良かったと後悔するのは1時間後.(-_-;;
この日は朝から風が強かったです. 出発までの待ち時間も風が強く,寒かったぐらいです. 8時前になって船内に入ることができ,ほっとしました.

 船内に入ってすぐに朝食が食べられます. ベーグルとドーナッツとバナナと飲み物の簡単な朝食ですが,必要十分な量が あります. お腹を満たして,しばらくは快適な船旅. 偶然同じ席に座った老夫婦とそのご主人の弟のグループと色々話をして仲良く なりました.

左が弟さんで,真ん中がご主人,右が奥さんです. ご主人は大学の地質学の教授,奥さんは数学の先生という知識人のWohlenberg夫妻 です. 二人とも数年前にリタイアし,フロリダ州に引っ越してきました. ご主人は,なんとmatが留学していた University of Washingtonにもいたそうです. 弟さんはワシントンDCで仕事をされているそうで,クリスマス休暇で遊びにきた そうです.

 ここでうれしいハプニングが. 我々の旅のスケジュールにオーランドがあることを知って,奥さんが, 『なら,オーランド滞在中にうちに泊まりにおいでよ』と言ってくれました. Wohlenbergご夫婦の家は,オーランドに近いPalm Bayという町にあります. 26日に弟さんが帰るので,27日に来て,次の日にケネディ宇宙センターに行けば 良い,と日にちまであっさり決定. テーマパークが1つ行けなくなるけど,オーランドのテーマパークは新婚旅行で 3箇所行っているので,まぁいいか,とこっちもあっさり快諾.(^^)

 そうこうしている内に,徐々に船の揺れがひどくなってきました. 半端ではない揺れ. 30分もすると嫁さんがかなり酔ってきました. 後部デッキに連れて行こうとしても,揺れでまともに歩けない. というか,立ってられない.(@o@;
ようやくデッキに出ても手すりに掴まっていないと海に投げ出されるほどの揺れ. 程なくmatすらも気分が悪くなってきました. 最後の1時間は本当にキツかった. やっと到着した時には本当に安堵しました.

 到着後,さっそくツアー見学. まずは入り口のところで簡単な説明.

公園の看板の前に立っているのが,ツアーガイドのお姉さんです. 砦はレンガ作りで,ほぼ正六角形で,一つの島(Garden key)まるごとが 使われています. ドライトートガス国立公園はこの砦を中心とした海域です.

砦の小部屋の風景です.小部屋がずっと連なっています. レンガはニューヨークとニューハンプシャーから運んで来たとのことです.

 砦の外周に沿って,堀があります. この堀は,消波と侵入のためです. 堀の中の水はところどころで海と繋がっており,そこから新鮮な海水が流れ込んで います. 水は本当にキレイでした. でも冷たくて,とてもじゃないけど,シュノーケリングは無理です. 堀の上からでもカラフルな熱帯魚を観賞でき,それで十分です.(^^;

 砦の外壁の上から見た砦の全景(全部写ってないけど(^^;)です. この全景を見てもらっても分かるように砦は小さいです. 堀の上を歩いてぐるっと周れるのですが,一周400mぐらいで10分もかかりません.

 砦の中です. ほとんど残っていませんが,昔のHead Officeのあった所です.

 ひと回りしたら,昼食. ツアーの用意してくれた昼食は,サンドイッチとジュースです. まぁ,贅沢は言えません. 昼食後,昼の1:00〜2:30まで開店しているショップで国立公園のマップを無事 ゲットしました.

 お昼頃には,同じSunnydaysツアーの水上飛行機が到着していました. 水上飛行機だったら,酔いはましだったんだろうな,と思いながらパチッ. そうこうしている内に帰りの時間です. 風は一向に収まる気配がなく,乗り込む乗客も心なしか元気がないように見えます. もちろんmat家も例外ではありません.

 帰りは,行きにも増して揺れが酷い.(TOT)
揺れなんていうものではありません. ジェットコースターに乗っている,いや,どちらかというとバイキングに乗って いるのと同じぐらいの感覚です. だって,5m〜10mぐらいの波に向かって30km/hぐらいの速度で進むもんだから, ジャンプして,自由落下して,の繰り返し. 自由落下の度に双胴船の船底が激しく海面にぶつかり,すごい音がします. マジで壊れるんじゃないかと思いました.(-_-;;
帰りは,酔うことが分かっていたので,嫁さんもmatもただただ寝ることに. でも,ジャンプする度に頭を打ったり,体が飛んで行きそうになったりと 大変でしたが....
それでもなんとか3時間ぐらいでキーウェストに到着. 二人とも完全にグロッキーでした.(T_T)
宿に帰ってきてもmatはまだグロッキー. 嫁さんは酔うのは早いけど,結構すぐに回復します. matの方が後を引くみたい. 軽いスナックの夕食しか食べられませんでした. 回復したのは,お風呂を出た頃. その後,オーランドの Downtown Disneyにある Cirque du SoleilLa Noubaの明後日の公演のチケットの予約をして,長い一日が終了.
あっ,このLa NoubaのHPにあるチケット予約電話番号はDisney World全体の 予約電話番号なので注意が必要です. matはLa Nouba専用と思って話しているのに,向こうはDisney World内のホテルの 予約と思って話していて,最初は話がかみ合わなかった.(^^;

本日の走行距離:9.2mile(14.8km)

【4日目】キーウェスト
 昨日はツアーで朝食が出たため,宿で朝食を取りませんでした. ということで,今日が初めてです. 行ってみてびっくり.(@o@;
なんとパンを焼いてくれる人がいるではないですか. まぁ,自分で焼く必要がないのは楽だけど,チップをあげることを考えたら, 不必要ですね.

 朝食後,朝一でSouthern Most Pointへ. キーウェストに着いた日も行ったんだけど,夕方で逆光だったので,改めて 順光の午前中に来ました.

夕方は出店も出てて結構人が多かったけど,朝はほとんど人がおらず,写真も 撮りやすかったです.

 Southern Most Pointを後にして,ヘミングウェイの家($9/1人)に.

建物自身は意外と小さかったかな. 30分毎にある説明員付きのツアーに参加して,ひと通り説明を聞きました. ツアーの最初から最後まで付いてくるサービス満点の猫がいて楽しかったです. 他にもヘミングウェイの家にはたくさん猫が住んでいます. ここに住んでいる猫はヘミングウェイが飼っていた猫の子孫だそうで,子猫を 待っているウェイティングリストは10年ぐらい先まで一杯だそうです.

 上の写真は,ヘミングウェイが愛したバーの「SLOPPY JOE'S BAR」です. なかなか繁盛しているようでした.

 ヘミングウェイの家の後, Mel Fisher Maritime Museum($7.50/1人)へ. ここにはトレジャーハンターのメル・フィッシャーが引き上げた沈没船から 出てきた財宝が展示されています. 展示数や展示品はそれ程惹かれるものはありませんが,ロマンを感じます.(^^)

 昼食はキーウェストで最も古くから営業しているという ペペス・カフェへ. このリンクの写真を見てもらえれば分かるように外観はあばら家ですが,中は 半分以上がオープンエアのなかなかオシャレなカフェです. ここのキーライムパイは絶品でした.

 昼食後,デュバル通りをウロウロしましたが,あまり惹かれる店はなく, 疲れるだけでした.残念. ということで,一旦宿に戻って2時間程仮眠.(^^;
そしてムックリ起きて,コンク貝の寿司を食べに「折り紙」という寿司バーへ. コンク貝はこりこりとしてなかなかの美味. だけど,他の握りやロールはイマイチでした. 値段もシアトルより高い.(-_-#

本日の走行距離:18.9mile(30.4km)

【5日目】キーウェスト→オーランド(Downtown Disney)
 今日は,次の目的地オーランドへの移動の日です. 今回の旅行で最も距離のあるドライブになります. 夕方6時からオーランドのDowntown DisneyでCirque du SoleilのLa Noubaがあるの で朝の8時に宿をチェックアウト. ひたすら北に向かいます. US-1でマイアミ中心部まで行き,そこからI-95でFort Pierceに,そしてそこから フロリダターンパイクでオーランドの隣のKissimmeeまで行きました. 本当はマイアミ手前からフロリダターンパイクに乗れば早かったんだけど, 「なんでアメリカで有料道路使わなあかんのやぁ〜」とケチった.(^^;
Fort PierceからKissimmeeまでは$6.95でした. 朝の8時に出て,ほぼノンストップ(昼食も車内で取った)で,Kissimmeeに着いた のが夕方の4時過ぎでした. ターンパイクを使わなかったら,後2時間は余計にかかっていたと思います. あぶないあぶない.

 オーランドでの宿はいつものHoliday Inn Express. チェックインだけ済ませて,荷物も置かずに,Downtown Disneyへ. Downtown Disneyは,いわゆるモールみたいなところなので,駐車料金は無料です. まずチケットを受け取りにLa Noubaのボックスオフィスに.

La Noubaのシアターです. 左がショップで,右がボックスオフィス,更に右に階段があって,そこから2Fに 上がってシアターに入ります. ショーは1.5時間($71.02/1人)でした. 力技は少なかったですが,最後のシリーズ(トランポリン)は圧巻です. やっている人たちもすごく楽しそうにしています. ただ,残念だったのが,失敗が多かったことです. 綱渡りと空中ブランコで大きな失敗をしていました. Mystere Saltimbancoでは,失敗らしい失敗がなかっただけに残念です. さて,次はラスベガスで O かな?(^o^)

 ショーが終った後もDowntown Disney内をぶらぶらしました. ここのDisney Shopはオーランドの全Disney World内で最も大きく,品揃えも すごかったです. LEGOの大きなショップもあります. 見てるだけでも楽しくなりますよ.

本日の走行距離:439.5mile(707.3km)

【6日目】オーランド(Islands of Adventure)
 今日から3日間はオーランドのテーマパーク巡りです. オーランドのテーマパークといえば,大きく

  1. Walt Disney World
  2. Universal Orlando Resort
の2つがあります. 更に,Walt Disney Worldには,
  1. Magic Kingdom
  2. Disney's Animal Kingdom
  3. Epcot
  4. Disney-MGM Studios
があり,Universal Orlando Resortには,
  1. Universal Studios Florida
  2. Islands of Adventure
があります. それぞれのテーマパークが,東京ディズニーランドやユニバーサルスタジオジャパン と同じかそれ以上の規模ですから,いかにオーランドにたくさんのテーマパークが あるのかが分かると思います. Walt Disney Worldには更にBlizzard BeachとTyphoon LagoonとRiver Countryの3つ 水に関するテーマパーク,昨日訪れたDowntown Disney,そして5つのゴルフコース もあるので,その大きさはただ呆れるばかりです.

 実はmat家の新婚旅行はジャマイカとオーランドでした. その時にMagic KingdomとDisney-MGM StudiosとUniversal Studios Floridaに行って います. そのため,今回の旅行では,残りのDisney's Animal KingdomとEpcotとIslands of Adventureと内容が更に充実してきたUniversal Studios Floridaの4つのテーマ パークに行くつもりでした. が,急遽Wohlenberg家にお邪魔することになり,苦慮の結果,Disney's Animal Kingdomをパスすることにしました.

 そして最初のテーマパークがIslands of Adventureです. Islands of Adventureは新婚旅行当時にはなかったテーマパークなので,非常に 楽しみです. Islands of AdventureはUniversal Orlando Resort内にあり,Universal Studios Floridaと隣り合っています. そう,東京ディズニーリゾート の東京ディズニーランドと東京ディズニーシーと同じような感じです. 2Day2Parksのディスカウントチケット($90.00/1人)を宿に駐在している業者さん から購入し,いざ出発.

 さすがに時期が時期だけに入場時のセキュリティチェックは厳しかったです. ディパックの中まで調べられました. まずゲートに近いThe Amazing Adventures of Spider-Manに乗り,その後, ジュラシック・パークゾーンへ.

否が応でも気分が盛り上がります. そして,Jurassic Park River Adventureに乗りました. が,あれ?って感じ.期待していた程ではないですね.Universal Studios Florida のJawsと同じような感じです. 説明員というか船長?がいて,面白くショー仕立てで説明してくれる分,Jawsの 方がおもしろいかも. ジュラシック・パークゾーンには,ジュラシックパークIIIのスピノザウルスが いました.(^^)

 次に向かったのは,ザ・ロスト・コンチネントゾーン. まずコースターの肩ならしにThe Flying Unicornに乗り,その後,楽しみに していたDueling Dragonsへ. Dueling Dragonsはいわゆる吊り下げ式のコースターで,しかもそれが2コース あります. まずはFire Dragonに乗りました. Fire Dragonは最前列ではなく,真ん中の方です. そして,これはダメだと思って,Ice Dragonでは最前列へ. Islands of Adventureの3つの本格的コースター(Dueling DragonsとIncredible Hulk Coaster)は並ぶ列の途中から最前列用(Front Row)とそれ以外に分かれます. 自分の好きな方に並ぶことができます. もちろん最前列は1回に数人しか乗れないので,進むのが遅く,それ以外の列の 人にどんどん抜かれてしまいます. 幸い,ここまでのアトラクションは全く待ち時間がなく,Dueling Dragonsでも 最前列でも4回ぐらい待てば乗れる状態でした. さてDueling Dragonsの最前列は.......最高です.(^O^)
絶対並んででも最前列に乗って下さい. 理由は,乗れば分かります. 姫路セントラルパークのディアブロや志摩スペイン村のピレネー等の吊り下げ式 コースターの最前列にも乗ったことがありますが,これらとは比べ物になりません. まさにDueling Dragonsならではの恐怖が待っています.

 次はPoseidon's Furyへ. ずっと立ちっぱなしのアトラクションですが,回る水の通路とラストの壁の早変り はすごかったです. 特に回る水の通路はすごいです.

 昼食は,ジュラシック・パークゾーンのサンダーグリルで. ボリューム満点なので,2人でシェアして十分満足です. この頃から徐々に人が増えてきました. 昼食後は,トゥーン・ラグーンゾーンのPopeye & Bluto's Bilge-Rat Bargesに. これはいわゆるウォーターライドで,予想通りというか,信じられないぐらい 濡れます. 濡れるには訳があります. というのは,人力によって水をぶっかけるところが3箇所あるのです. まず最初は,スタートしてすぐのところ. ここはクォーター(¢25)を入れると放水できるポンプがあり,おそらく乗っている 人の知り合いが水をかけているようです. もちろん,他人でもOK. そして,終わりに近付いたところで,上の方から大量の水が落ちてきます. その量は半端ではなく,昔使っていた大きな洗濯用桶ありますよね,ドリフで いかりや長介の頭に落ちてくる奴です,あれに2杯ぐらいの水量です. それが5mぐらいの高さから落ちてきます. そしてそれを落とすタイミングを操作しているのが,このアトラクションの係員 です. 最後が,その係員の隣です. 4つぐらい放水用の水鉄砲みたいなのが設置してあり,自由に下を流れていく人たち に向けて放水できます. これは無料で,完全にボランティアです. 我々も乗った後に知り,びしょ濡れになった服を乾かした後で, 仕返し^H^H^Hボランティアに行きました.(^O^)
但し注意しなければならないのが,この水鉄砲,仕掛けがしてあって,放水して いる人に向かっても水が飛び出すようになっています. この飛び出し口を押さえながら,みんな楽しくボランティアをしていました.

 最後は,ゲート近くのマーベル・スーパーヒーロー・アイランドゾーンに戻って, Incredible Hulk Coasterへ. このコースターは荷物をロッカーに預けなければなりません. ここは最初に行かなければならなかったと後悔しました. 結構並んでます. 並んでいる途中にTVでこのコースターの説明をしているのだけど,なんでも, ロケットスタートがあるとか. なんじゃそれ?と思っていたけど,乗って分かりました. 確かにロケットスタートです. こんなの初めてです. 確かに高低差もあり,速度が速く,コースターとしてもナカナカのものですが, なんと言ってもロケットスタートのひと言に尽きます.はい.

 Islands of Adventureを後にし,オーランド最大のモールであるFlorida Mallへ. ここはデカイです. しかも今日はクリスマスイブ. ほとんどの店が6時に閉店になるので,半分も回れませんでした. スーパーやレストランもほとんど閉まっているので,仕方なくカップヌードルと トスティトスというジャンク夕食になってしまいました.

本日の走行距離:57.6mile(92.7km)

【7日目】オーランド(Universal Studios Florida)
 この日は,2Day2Parkチケットを使ってUniversal Studios Floridaへ. ここは2回目ですが,前回来た時にはなかったMen In Black Alien AttackやTwister Ride It Outがあるし,Terminator 2:3-Dをまた見たかったので,行くことにしました.

 今日は少し来るのが早くて,ゲートが開くまで20分ほど待ちました. 入場後,まずMen In Black Alien Attackに. 開場すぐなのでガラガラです. その後,園内の真反対のTwister Ride It Outへ行こうとして,池の橋を使って ショートカットしようとしたら,なぜか知らないけど,10:00まで通れない.(-_-#
仕方なく,ぐるっと回ってTwisterへ. Twisterは思った程,風は強くなかったです. 巨大換気扇(^o^;;の威力はすごかったですけど.(^^;

 その後,Kongfrontation,Earthquake-The Big One,Jawsとハシゴ. Jawsの頃には少し混みだしたけど,新婚旅行の時ほど待ち時間はなく,なんか 別の所に来たみたいでした. 昼食後,T2のユニバーサルエクスプレスを取りに行ったら,3時半のショーになって しまった.(^^;
比較的空いていたので,楽観的に考えていたけど,やはりT2の人気はすごいです. T2までの待ち時間で,Alfred Hitchcock The Art of aking Movies,The Wild Wild Wild West Stunt Show,Animal Planet Liveと周りました.

これはThe Wild Wild Wild West Stunt Showの風景です. やはりアメリカのこういうショーは楽しいですね. ユニバーサルスタジオジャパンでもこのアトラクションはあるらしいけど, 日本人がやっているのだろうか? 日本語で喋っているのだろうか?  西部劇にそれはちょっと....(-_-;
Animal Planet Liveはmatの好きなAnimal Planetをモチーフにした動物のライブ ショーです. ショー自体は短いですが,なかなか楽しめます.

 Animal Planet Liveが終ったところでついに雨が降り出してきました. 今回の旅行初の雨です. 激しい雨ではないですが,雨のせいでちょっと寒い. そうこうしている内にT2の時間となりました. T2は5年前と内容が変わっていました.うれしい. わざわざUniversal Studios Floridaを選んだ甲斐があったというものです.

 Universal Studios Floridaを後にし,ダメ元でフロリダモールに行ってみました. が,やはりクリスマス当日なので閉まっていました. スーパーやファーストフードも閉まっています. 昨日の夜よりひどいかも. ようやく見つけた開いているレストランは,ワッフルハウス.(^^;
無事夕食にありつけました.

本日の走行距離:59.4mile(95.6km)

【8日目】オーランド(Epcot)
 さて,今日はDisney WorldのEpcotに行く日. 宿でディスカウントチケットを買おうとしたら,1日券は置いてないとのこと. 仕方なしに正規チケットを購入($50.88/1人).くっそー.(-o-#
Epcotのゲートは9時前に開いていて,すぐに入れたんだけど,園内で9時まで 待たされた. 開いた瞬間,みんながTest Trackに向けてダッシュ!!
つられてmat達も走りました.(-O-;
Test Trackに入ろうとしたら,係員の兄ちゃん曰く,準備が間に合わず,開始 は11時〜とのこと. 仕方なしに11時〜のファストパスを貰いました.

 次にHoney, I shrunk the Audienceに向かいました. 映画ミクロキッズの3D物で,なかなか楽しめました. ネズミがあふれ出てくるシーンは女性の人たちが「ぎゃあぎゃあ」叫んでました. もちろん,嫁さんも.(^o^)
そのあと,Journey Into Your Imaginationに行ったら,まだ開いてなく,隣の Image Worksで遊ぶ. そして,ゲート付近まで戻ってきて,Spaceship Earthへ.

上の写真はSpaceship Earth館です. 4人乗りのトロッコみたいなのに乗って,この館のてっぺんまでゴトゴトと登って, 降りてきます. 結構人が並んでいましたが,スキーのリフトみたいに進むので,思った程待たずに 乗れました. 内容は,まぁこんなもんか,という感じですが,歩き疲れた人には貴重な休憩時間 になると思います. アトラクション内は暗いので寝てしまうかも.(^o^)

 次に向かったのは,Wonders of Life. これはUniversal Studios FloridaのBack to the FutureやIslands of Adventure のThe Amazing Adventures of Spider-Manのような,15人程乗れる動くライドと 画面によるシミュレータです.

 さて,いよいよメインイベントのTest Trackです. Test Trackは,GM社提供のアトラクションで, その名の通り,新車開発用のテストトラックをイメージしたものです. 6人乗りの車に乗って,様々なテストを行うというストーリーですが,めちゃくちゃ 楽しいです. 特に衝突テストはびびりますよ.(^O^)
最後のバンクを使った最高速テストも最高. 何度でも乗りたいぐらいです. matらはファストパスがあったので,ほとんど並ばずに入れましたが,もう一度乗る ためには,かなり待つ必要があり,断念. 出口にはGMのショールームがあり,Hummer も置いてありました. でも,やはりここでもHummerには乗ることができません.(ToT)

 アトラクションを一通り周った後,ワールドショーケースへ. matは気になるところしか見ませんでしたが,嫁さんは全部の館を見て回って いました. ワールドショーケースで見るべきものは,中国館とカナダ館の360°シアターぐらい でしょうか.

 Epcotを後にして,またもやショッピングへ. 今日は,Pointe OrlandoOrlando Premium Outletsへ. PointeはOrlandoのダウンタウンにあるため,駐車場がなく,隣接している有料 駐車場に停める必要があります.くっそー(-_-#
でも,matはここのFAO Schwarzでクーポン 券を使ってモノポリーを4つゲット.(^o^)
クーポンは,駐車場に程近いサムソナイトの店で,レジのおっちゃんに言えば もらえます. Orlando Premium Outletsには,Le Creuset があります. mat家のクッキングウェアはAll-Clad なのですが,嫁さんはLe Creusetにも未練がたっぷりのようです. なので,ここで超ミニなココット・ロンドを買いました. 超キュートです.

 さすがにテーマパークとショッピングモール2つを1日で回ると疲れます. 宿に帰ったらバタンキューでした.

 そうそう.前回オーランドに来たときには気付きませんでしたが,I-4の多分 Exit 24とExit 25の間にミッキーの形をした高圧電線の鉄塔があります. 下の写真はI-4を走行中に嫁さんが撮ったものです. 夜の方がキレイなんですが,動いている車からはなかなか上手く撮れないですね.

本日の走行距離:52.8mile(85.0km)

【9日目】オーランド→パームベイ(Wohlenberg宅)
 今日はWohelenberg夫妻から招待のあった日. 3時にパームベイの町で待ち合わせなので,ゆっくりと起床(7:30). モールの開店を待って,ショッピングへ. ショッピングの後,フロリダで幅を利かせている
Publixというスーパーでお土産のワインを購入し,一路パームベイへ. オーランドからパームベイまでは1時間強ぐらいの距離です.

 ほぼ約束の時間に適当なガソリンスタンドからWohlenberg家に電話を入れて, 迎えにきてもらう. 10分ぐらいで夫婦で登場. matの運転する車に奥さんのEmnyが乗り,旦那さんのErnieの運転する車に嫁さんが 乗って移動. Wohlenberg家のある地域は,メインの通りから奥まったところにある閑静な 住宅街です. Wohlenberg家は,平屋建てで,2 Bed room,温水のプール(@o@)もついています. 家に案内された時,ガレージから中へ. なんか不思議な感じがしたけど,Emnyによると,家族は玄関を使わずに,ガレージ のドアから中に入る. あなた達は,客ではなく家族の一員として扱うのよ,とのこと. うれしかったです.

 暫くリビングで談笑し,夕食の支度を手伝うことに. キッチンは,広くてアイランドタイプで,嫁さんは目がハート.(^^;
メニューは,ラザニアと焼立てのパンとサラダ. デザートにチョコレートケーキと珈琲も出してもらいました. おいしかったです.

 食後は,Wohlenberg夫妻が昨日行ったという日本庭園のビデオを見ながら 談笑していたのですが,連日の疲れからかビデオを見ながら嫁さんは舟を漕いで いました.(^O^;
夫妻は察して,早く寝たら,と助け舟.(^^)
ということでこの日は早く休みました.

本日の走行距離:99.1mile(159.5km)

【10日目】パームベイ→ケープカナベル(ケネディ宇宙センター)→オーランド
 嫁さんは7時に起床,matは8時頃に起床,久しぶりにゆっくり眠れました. 朝食は,Emnyさんのお手製のブルーベリーマフィン. 焼きたてですごく美味しかったです. 朝食後は,Ernieさんに庭を案内してもらいました. フルーツ系の木(レモンやオレンジ等の柑橘系が多かった)がいっぱいです. Ernieさんも案内してくて仕方がなかった様子.(^o^)

 この旅行に来て以来,ネット友達に教えてもらっていたフロリダの新しい味で あるハニーベルを探していました. なかなか見つからなかったのですが,昨日の夜,Emnyさんに聞くと,いつもオレンジ を購入している農家で多分栽培しているとのこと. 今朝電話して聞いてもらったところ,あるとのこと.(@o@)
4人でその農家に行きました. そこは,農家というより普通の家なんですが,趣味でオレンジ類を作っていて, それを家の軒先でバケツ単位で売っているのです. バケツといっても日本のバケツではなく,アメリカのバケツだから,日本のゴミ捨て 用のバケツぐらいの大きなものです. それに一杯で$5という安さ.(@_@)
4人は案内されて,裏庭へ. 裏庭といってもオレンジの木が100本ぐらいある広大な庭です. ハニーベルの木は,2本ありました.

その1本からハサミを借りて4人で収穫. 上の写真は問題のハニーベルです. 見た目は日本のデコポンのような感じです. まさか自分達の手でハニーベルを収穫できるとは思ってもいなかったので, Wohlenberg夫妻に大感謝.

このおじさんが,農家のご主人です. 後に写っているのがハニーベルの木です. ご主人によると,ハニーベルは,マンダリンオレンジとグレープフルーツを 掛け合わせた品種らしいです. マンダリンオレンジとは,いわゆる日本のみかんです. mat家はハニーベルを10個,そしてタンジェリーナという品種を2個もらいました. タンジェリーナとは,タンジェリンオレンジとオレンジを掛け合わせたもの らしいです. マンダリンとタンジェリンの違いは,マンダリンが中国原産で,タンジェリン が北米原産のみかんです. Wohlenberg家は色々合わせて20個ぐらい購入したようです. このmat家とWohlenberg家のオレンジ合わせて30個ぐらいで$5でした. めちゃくちゃ安いです.

 下の写真が夜食べたハニーベルです. 味は,普通のオレンジの数倍甘く,他の柑橘系果物とは比べ物にならないぐらい 果汁がたっぷりしていました. 下のように切り分けていると,受け皿に果汁が溜まってこぼれてしまいます ので,途中で飲まないといけないぐらいです. これは超お勧めです.

 この農家でWohlenberg夫妻と別れ, ケネディ宇宙センター($26.50/1人)へ. パームベイからケネディ宇宙センターのあるケープカナベルまでは小1時間です. ケネディ宇宙センターのセキュリティチェックはこれまで以上に厳しいものです. テーマパークはディパック自体はOKだったのですが,ここでは,ハンドバッグ とカメラバッグ以外のバックはダメで,ディパックのmatは素気無く追い返されて しまいました. 駐車場に戻って,ディパックを置いて,ウェストポーチに代えて無事入場. 入場するまでに疲れてしまった.(^^;

 まずは,IMAXシアターを見て,その後,ツアーバスでポイントを回ることに しました. もらった地図では,ツアーバスで回れるポイントは3箇所あるのですが,現在は NASAの指導によってInternational Space Station Centerというポイントが 閉鎖されています. また,ツアーバスは非常に混雑していて,結構な時間待たされます. ツアーバスからは道路際にある小川にいるアリゲータが見えます.

 ツアーバスがまず向かうのは,LC 39 Observation Gantryというポイントです. ここは18mの高さの展望台があり,遠くにかなりの数の発射台を見ることができます. また,ここへの途中にアメリカで2番目に大きな建物であるロケット組み立て 工場があります.

これがそうです. ちなみに1番大きな建物はワシントン州にあるボーイング工場です. 上の写真では大きさが分かり難いですが,下の写真だとその巨大さが分かると 思います.

手前に写っているのが,スペースシャトル等を運ぶ台車です. 台車の奥の道路に写っているのが大型バスですので,その大きさが分かると 思います.

 LC 39 Observation Gantryでツアーバスを降りて,展望台に上って,その後 またツアーバスに乗ります. ここでも結構待つ必要があります. 次にツアーバスが向かうのが,Apollo / Saturn V Centerです. Apollo / Saturn V Centerには,実物大のSaturn Vロケットが展示されています. 大きさは110mで,自由の女神像の2.4倍,アメリカンフットボール場とほぼ同じ 大きさです.

 月面着陸機,月面自動車,そして実物の帰還ポットも展示されています.

 本来なら,ツアーはこの後,International Space Station Centerに向かう のですが,残念ながら現在は閉鎖中. Visitor Complexに戻ってきて,別のIMAXシアターを見て,Space Shuttle Plazaへ. ここには,スペースシャトルのExplorerの実物大のレプリカがあり,中を見ること ができます. Explorerのコックピットはジャンボジェット機のコックピットより広いかも. ちょっとびっくりです.

 ケネディー宇宙センターを後にし,オーランドの宿に1日ぶりに戻ってきました. 今日でオーランドは終わり,明日からはいよいよエバーグレーズ国立公園と ビスケーン国立公園です.

本日の走行距離:126.6mile(203.7km)

【11日目】オーランド→マイアミ→エバーグレーズ国立公園(Shark Valley)→マイアミ
 朝の8時に宿をチェックアウトし,一路マイアミに. この日も含めて3日間をエバーグレーズ国立公園に費やすつもりです. エバーグレーズ国立公園はアメリカの国立公園の中では3番目に大きな公園なので, すべてを回るには結構時間がかかります. ちなみに最も大きな公園はデスバレーで,その次がイエローストーンです.

 旅行前にエバーグレーズ国立公園内のどこに行くかをあまり考えていなかった のですが,ドライトートガス国立公園への船の中でWohlenberg夫妻が,絶対に Shark Valleyだ,と力説してくれたので,1日目はShark Valleyに行くことに. 幸い,Shark Valleyはマイアミから最も近いポイントなので今日みたいな移動日 には最適です.

 2時半頃にShark Valleyに到着. 駐車場が一杯だとレンジャーの人に言われたけど,話しているうちに上手い具合 に一台分空きができ,無事ビジターセンター隣接の駐車場に停めることができました. 更に上手い具合に,3時からのトラムツアー($11.00/1人)にほぼ待ち時間なしで 参加することができました.

 ツアーの注意説明の後,トラムはのろのろと出発. すると,アリゲータがいるいる. うじゃうじゃという程ではないけど,ところどころに大小さまざまなアリゲータが います.

天気が良いため,ピクリともせず日光浴をしているアリゲータです. 1時間足らずで中間地点の展望台に到着. ここで30分ほど休憩します.

展望台の下にアライグマを発見. 人を見つけると近寄ってきます. 餌をあげることはできないので早々に退散し,アライグマはアリゲータに食べら れないのだろうかと,考えながら展望台に登りました.(^^;
展望台は20m程の高さがあります. 平坦なエバーグレーズの湿地が360°見渡せます. 湿地なのでほとんど何もないですが....

展望台の上からはこの辺りの主のアリゲータが見えます. 上の写真では大きさが分かり難いと思いますが,体長5mを越える巨大な奴です.

展望台への道の脇の沼にいたアリゲータです. これは1mぐらいの距離に接近して撮っています.(^^)

 展望台を出てしばらくすると,赤ちゃんアリゲータがたくさんいる地帯に入ります. 10cm〜15cmぐらいの赤ちゃんアリゲータがところどころにたくさん群れています. アリゲータの赤ちゃんは親とは違い,オレンジ色の横シマがあります.

 2時間強でトラムツアーが終わり,ビジターセンターに戻ってきます. ビジターセンターの周りにも大きなアリゲータがいます.

実は,トラムツアーの前にもこのアリゲータを見ていたのですが,matらは間近で アリゲータを見たことがなかったので,てっきり作り物だと思っていたのです. だって,全然動かないし,作り物のような色と乾燥具合だったので.(^^;;
でもツアーから帰ってきて,アリゲータの色と雰囲気を理解した上で良く見ると, 本物ということが判明. じっと見ていると呼吸していることが分かります. 上のアリゲータと観光客との間には丸太2本でできた柵しかありません. 触ろうと思えば触れるぐらいの距離です. でも2m強の大きさのアリゲータなので怖くて触れません. もちろん,レギュレーションで禁止されていますが.

 今日から最終日までの宿はDays Inn. 地図を頼りに行ったのですが,全然見つからない. 仕方なく,地図の場所にあるRamada Innのフロントに聞きに行くと,裏とのこと. 裏に回ると,ありました.入り口に小さなDays Innのマーク. チェックインしてびっくり. お風呂の排水溝に栓がない. フロントに聞きに行くと,栓はもともとないとのこと.(-_-#
でもフロントのお姉さんは親切に,栓にと,ハンドタオルを数枚渡してくれました. やれやれ.(-o-)
じゃあ,夜用のビールとコーラを冷やそうと製氷機に行ってみると,氷が出ず. うっきー(-◇-#
仕方なく,隣のRamada Innの製氷機から氷をもらってきました.(^^;
よくよく見ると,実はこのDays Inn,元々はRamada Innの別館だったようです. それをDays Innに払い下げしたみたいです. だからボロボロなのかな?

 気を取り直して,隣にあるモールに行くことに. でも,行ってみてこれまたびっくり. 未だかつてない程,荒れ果ててました. 一応,ちゃんと店は入っているのですが,客の99%がヒスパニック系で, 聞こえてくる言葉はスペイン語オンリー. 確かにフロリダはスペイン語が第2公用語と言えると程ですが,ここはひどい. 更に店は荒れ放題. 品物は床に散らばって,みんな荒らし放題.(@_@;;
怖いのでさっさと退散してきました. Days Innが安かった理由が分かりました. この辺りは治安があまり良くないようです. まぁ,本当に危険なところとまでは行きませんが,あまり近寄りたくないところ です. 宿にいる限りは大丈夫ですが.

本日の走行距離:317.0mile(510.2km)

【12日目】マイアミ→エバーグレーズ国立公園(Flamingo)→マイアミ
 8時に宿を出発. 今日はエバーグレーズ国立公園のメインポイントであるFlamingoへ. Days Innは朝食がついていないので,ガソリンスタンドでバナナとジュースを買い, 車で朝食. エバーグレーズ国立公園への入り口近くにあるRobert is Hereというフルーツ スタンドで,パパイヤシェイクを買って食べる. これがボリューム満点でしかもおいしい.(^o^)
メニューにキーライムパイもあったのだけど,この日は店長が休みのため,ない とのこと.明日なら多分あると言っていたが....
結構有名なお店らしく,帰りに見るとすごい車と人.

 まずビジターセンターに寄ってから順にポイントを回ることに. 最初のLong Pine Keyは,キャンプ場と,長いトレイルであるLong Pine Key Trail のスタート地点があるのみです. 次がRock Reef Passという50mぐらいのボードウォークがあります. このボードウォークから見えるソーグラス(エバーグレーズというかフロリダの湿地 帯すべてに生育している葦の一種)にはクモの巣がいっぱい. 蚊が多いことを物語っています. 確かにここは冬にも関わらず結構蚊が多かったです. でもクモの巣は一見花のようで,意外とキレイだった.(^^;

 次のPa-hay-okee Overlookには400mのショートトレイルがあり,展望台からは 湿地帯が一望できます. この展望台にあった説明の図で初めて知ったのですが,エバーグレーズというか, フロリダの南半分は,その全体が川なんですよ. フロリダ半島のほぼ真ん中にあるLake Okeechobeeから水が南へ南へ流れ出ています. それは川とは到底言えず,Lake Okeechobeeと海とは数メートルの高低差しかあり ません. 一応Shark River Slough(直訳したらシャーク川沼地)という名前がついていますが, 流れのスピードは肉眼では確認できない程度(1日に30m)らしいです.

 次のMahogany Hammockは,リハビリ中で閉鎖されていました. ここにはエバーグレーズで最大のマホガニーの木と700mのトレイルがあるらしいです. 残念. 気を取り直して,次のポイントPaurotis Pondへ. ここは池とピクニックエリアがあるだけのところなんですが,駐車場について びっくり.

駐車場にはこのようにエバーグレーズカイト(Evergrades Kite)という鳥が羽を 広げて日光浴していました. この鳥は連邦絶滅種に登録されている保護鳥です.

 次のポイントからしばらくは私達観光客にはあまり縁のないポイントです. というのは,トレイルがあるのですが,そのトレイルは歩くトレイルではなく, カヌー用トレイルなのです. Nine Mile Pond Canoe Trail,Noble Hammock Canoe Trail,Hells Bay Canoe Trail と続きます.

 そして次のポイントは,West Lakeです. ここには一応トイレがあります. そして400mのボードウォークのトレイルがあります. このトレイルは最初は森の中ですが,すぐにWest Lakeの湖畔に出ます. この湖畔では,マングローブを間近に見ることができます. というか,先ほどの森はマングローブの森です.(^^;

写真のようにWest Lakeはすごい色の湖です. このトレイルも蚊に要注意です.冬にも関わらず結構います.

 11時半頃にFlamingoのビジターセンターに到着. 13:30のボートツアーに申し込もうとしたら,残席が1だったので仕方なくあきらめ, ビジターセンター横のレストランで昼食を取ることに. 時間が早かった訳でもないけど,レストランは意外と空いていて窓際の席に通され, なかなかの眺め. そして食事は意外とおいしかった. 嫁さんはここで飲んだキーライムサンセットエールというビールが甚く気に入った みたいです.

 Flamingoを後にし,来た道を戻り,まだ行っていなかった公園入り口付近の Royal Palm Visitor Centerへ. ここには,Anhinga TrailとGumbo Limbo Trailの2つのトレイルがあります. それぞれ800mの短いトレイルです. まずはAnhinga Trailへ. Anhinga Trailは水辺で,鳥が多く生息しています. 今日は天気がイマイチのため,アリゲータがあまりいません. その代わりと言ってはなんですが,そこらかしこにエアープラントが生えています. というか木の又に乗っています. 説明によると寄生しているのではなく,ただそこにあるだけのようです.

少し見難いかもしれませんが,かなりの大きさのエアープラントです. 大きさは人の頭ほどあります. このAnhinga Trailの池にもShark Valleyの水路にもいる魚はFlorida Garという 古代魚です. どのような魚かというと,アロワナを更に細くし,口をバラクーダ(カマス)みたい に尖らせた感じです. レンジャーに聞いたところ,味は小骨が多く,あまり食用にはならないみたいです. (^^;

 次にGumbo Limbo Trailへ. こちらは,熱帯雨林の森の中のトレイルです. このトレイルのメインはトレイルの名前にもなっているGumbo Limboです. Gumbo Limboとは,木の名前です. どんな木かというと,下の写真みたいな赤く,ナイフやペン等で落書きされたような 肌をした木です.

 Flamingoでは思った程アリゲータを見ることができなかったので,近くの アリゲータファームに行くことにしました. エバーグレーズ国立公園の周りにはアリゲータファームがたくさんあります. また,それらのアリゲータファームにはエアボートというアクティビティも あります. matらが選んだのはErnest F. Coe Vsitor Centerの入り口,つまりFlamingoへの 入り口から最も近いEverglades Alligator Farmです. 入場料とエアボートがついて$14.50/1人でした. 2時半ぐらいにファームに着いたのですが,12時と3時にしかないアリゲータへの 餌やりタイムの3時にちょうど間に合いました.(^o^)V
1周200mぐらいの池に山ほどアリゲータがいます.

そして餌やり場に近いところにいる奴らはみんな餌場の方を向いています.(^^;
上の写真だと右側です.

 餌やりタイムになると鶏肉の塊をバケツに入れておっちゃんが登場. 奴らはのそのそと近付いてきます. でも意外とガツガツしておらず,結構な量の鶏肉が鳥(^^;に取られてしまって いました. 餌をやっているおっちゃんと比べてもらったら分かると思いますが,2mを越える アリゲータがうようよいます. 5分程で餌やりタイムが終わり,3時20分のエアボートの乗船時間までクロコダイル やケイマンを見学. こいつらはアリゲータの池のような大きな池ではなく,動物園の檻のようなところに 数匹しかいません.

 そしていよいよエアボートに. エアボートとは,ポリスアカデミー2か3で登場したでっかい扇風機を付けたボート のことです. スクリューがなく,船底が平らなため,水深が浅いところでも平気で進めます. ホバークラフトと船の間みたいなものです.

 エアボートは16人乗りで,このファームはこのエアボートを3台使っていました. 最初は水路をのろのろと湿地帯や動物の説明をしながら進んでいきます. ここはエバーグレーズ国立公園の敷地の外なので,船長がアリゲータや亀に餌を あげて船のそばまでおびよせてくれます. 水路を抜けて広い湿地に出ると,エンジン全開(扇風機全開とも言う(^^)).

上のような水路をぶっ飛ばします. 途中の少し広くなっているところでは急旋回します. ジェットコースターみたいな感じでものすごく楽しかったです. 15分程ですが,満足感は高いです. 思わずエアボート欲しいな,と思ったぐらいです.(^^;

本日の走行距離:186.7mile(300.5km)

【13日目】マイアミ→エバーグレーズ国立公園(Gulf Coast→Shark Valley)→マイアミ
 エバーグレーズ国立公園も3日目. 今日はどこに行こうかかなり悩みました. 天気予報では今日は雨の模様. 昨日乗れなかったFlamingoのボートツアーのためにもう一度Flamingoへ行くか, それともまったく別のGulf Coastの方に行くか. 悩んだあげく,Flamingoのボートツアーを諦め,Gulf Coastの方へ行くことに しました.

 Gulf Coastは,エバーグレーズ国立公園の北西の端に位置し,その辺りの海岸には Ten Thousand Islandsと呼ばれる非常に多くの島があります. Gulf Coastへは,マイアミからUS41で西に行くのですが,その途中から雨が 降ってきました. 途中のBig Cypress National Preserveの中では大雨で,運転が大変. でも,Gulf Coast Visitor Centerに着いた時には雨が止んでくれました. すかさず,レンジャーステーションで,ボートツアーを申し込みました. ここでのボートツアーは2種類があります. The Mangrove Wildernessという水路を遡上して行くツアーと,The Ten Thousand Island Cruiseという海を行くツアーです. matらは後者のツアーを選びました($16.00/1人). ツアーのおばちゃんの言うところによると,このツアーでのイルカとの遭遇率は 95%以上で,しかももしイルカに遭えなかったら,次のツアーに無料で参加できる とのこと. また,かなりの確率でマナティも見られるとのこと. 更に,イルカを見るには,船の前の方ではなく,後ろの方の席が良いとのこと. これは後ほど納得.

 ボートツアーの時間になり,ボートに乗り込むが,客はmat家の他は2組だけ. 確かにTen Thousand Islandというだけあって,小さな島がたくさん. それらはすべてマングローブで覆われています. 湾はかなり水深が浅いらしく,船の航路用にポールが立っていて,船はそこを通り ます. さまざまな鳥がたくさん. 特に干潮になると出現する島は鳥山になっています. 出港30分後ぐらいから船長は双眼鏡でイルカを探します. そして1時間弱経ったころ,「そろそろくるぞ」と. すると,いきなり後方に出来た波に乗って,イルカがジャンプ.(@o@)

 船長によるとカップルらしい2頭のイルカがジャンプをしながら船について きます. ものすごく可愛いです. 間近で見ると意外とデカイ!!  船が作った波に乗ってジャンプするのですが,船長によると,遊びと体の表面に ついたバクテリアを泡で落とすためらしいです. イルカとの遭遇は30分ぐらいずっと続きました. 波に乗ってジャンプするので,見るのは後ろの席がいいのです. とはいえ,今回は客が7人しかいなかったので,どこでも間近に見ることが できますが....(^^;

 イルカを休ませるため,船長は船のスピードを上げ,終了. 帰路につきます. あと少しで到着というところで,別の船から無線連絡があり,マナティを発見 したとのこと. さっそく船はそのポイントに向かいました. あいにくの曇り空で,直前まで雨が降っていたため,海が濁っていてよく 分からなかったのですが,なんとかマナティの頭部を見ることができました. でも写真には写ってなかった.残念. 船長によると,子供のマナティらしい.でもデカかった.

 ボートツアーが終るとまたもや雨が降ってきました.ツアー中に降らずに ラッキーです. エバーグレーズ国立公園を出て,近くのシーフードレストラン (Evergrades Seafood Depot)で昼食. サラダバーとクラムチャウダーとオイスターフライ,そしてキーライムパイを 食べました. どれも美味しかったです. うれしかったのはサラダバーです. 野菜欠乏症にかかっていたので,サラダバーだけでお腹一杯になるぐらい野菜を 食べました.(^^;
それにここのサラダバーには,シュリンプカクテルもあって大満足. ただ,伝票にチップが書き込みされていたのが減点.(-_-#

 2日前のアリゲータうようよが忘れられず,帰り道にあるShark Valleyに再度 寄ることに. トラムで通った所を歩いたら,アリゲータに柵なしで最接近できるはず. と思って行ったのですが,やはり天気が悪いためかほとんどアリゲータを見ること ができませんでした.(ToT)
仕方なく,ポンチョを着てBobcat Boardwalkをトレイルしました. このトレイルは,400mの短いものです.あまり見所はないです.

 エバーグレーズ国立公園を満喫したので,マイアミの北にある Sawgrass Mills ショッピングモールへ. ここはオーランドのFlorida Mall以上の大きさです. 駐車場も超巨大ですが,それでも空きスペースを探すのが大変でした. ただ残念なのがモール自体が一つの建物になっていないので,雨の日は大変です.

 宿に帰ってきて,わざわざ日本から持ってきたどんべいのきつねそばで年越し. テレビでラスベガスやNYのカウントダウンの様子を見ていましたが,やはり Bellagioの噴水ショーは キレイですね.

本日の走行距離:216.8mile(348.9km)

【14日目】マイアミ→ビスケーン国立公園→マイアミ
 2002年になりました.明けましておめでとうございます.(_o_)
この旅行最後の国立公園であるビスケーン国立公園へ. ビスケーン国立公園はマイアミから近く,1時間余りで到着. 元旦で,まだ早い時間(9時)なのに結構人がいました. ビスケーン国立公園には,Convoy Point Visitor CenterとElliott Key Ranger Stationの2箇所のビジターセンターがあります. そのうち,車で行くことができるのはConvoy Pointの方です. Elliott Keyの方は船でないと行けません.

 Convoy Point Visitor Centerの壁にあったオブジェです. 魚はともかく,マングローブがおしゃれです.(^^)

 Elliott Keyに上陸するべく,ビジターセンターでツアーを探しました. が,日帰りでElliott Keyに行くツアーはありませんでした.(T_T)
Elliott Keyへのツアーは,Island Transportation to Elliott Key Camping & Nature Walksというものでキャンプで1泊しなければなりません. ということで残念ですが,諦めました. ツアーは,全部で4種類あり,残りはSnorkel Trip,Scuba Diving Trip,そして Glass Bottom Boatです. matらは,Glass Bottom Boatのツアー($19.95/1人)に参加することに. これで今回の旅行4回目となるボートツアーです.(^^;
下の写真がGlass Bottom Boatです.

 ツアーボートは,Convoy Pointの港を出て,Biscayne Bayを進みます. そしてElliot Keyの横を通って外洋に出ます. するとたくさんのさんご礁があり,それらを船の下に開いた窓から眺めます. こんな感じです. 結構船底まで距離がある(2mぐらい)ため,イマイチはっきり見えません. 昨日の雨が原因で少し透明度が低かったかもしれません. とはいえ,キレイでしたが.

 ツアーの時間は3時間です. さんご礁のポイントまで結構距離(20kmぐらい)があるため,ポイントに着くまでに 1時間ぐらいかかってしまいます.

 ツアーから戻ってきてからConvoy Pointをぶらぶらと散歩しました. ビスケーン国立公園は入場料が無料なので,家族連れやら釣り客やらで結構賑わって います.

 上の写真は,突堤の先端から見たElliot Key方面です. さすがにElliot Keyは見えませんが,三角と四角の杭が立っているのが分かります. この三角と四角の杭の間を船が通っていきます. 水深が浅いのでこういう目印が立っています. 左側に島みたいに見えるのは鳥山です.

 またまたショッピングモールのハシゴに.(^^;
行ったのは,
The FallsDolphin Mallです. The Fallsは高級感漂うモールです.

本日の走行距離:120.1mile(193.3km)

【15日目】マイアミ
 いよいよ最終日です. 今日は疲れた体を労わるためにのんびりとする予定です. 10時に宿を出発し,途中の
Wallgreen でこれまでに撮った写真を現像に出しました. 日本でLサイズより大きい5inchのプリントに出すと1枚あたり50円ぐらいかかる ので,現像代も入れると1本あたり(24枚撮り)1500円以上してしまいます. でも,アメリカなら$7〜$9ぐらい.しかも1時間で出来上がります.

 11時過ぎに今日のメインイベント会場(^o^)の Joe's Stone Crabへ到着. 東京と大阪に,ここの日本店があるので知っている人も多いと思いますが, その名の通り,Stone Crabを食べさせてくれる店です. ランチタイムは11:30からなのでしばらく待ちました. しかし,この店,超高級店のような. Osaka Joe'sも確かに高級感ある店ですが,そんなの比べ物にならないぐらい 高級そう. 黒服の店員がごろごろいる. バレットパーキングには5,6人は係員がいるし. 極めつけは,入ってすぐに「何人ですか?」と聞く人. まさしく執事.Jeevesです. こんなとこディナータイムには来られません. もちろん,ディナータイムならドレスコードがありそう. 店の外観はこんな感じです.

 頼んだ料理は,クラムチャウダーとストーンクラブとジョーズライスピラフに キーライムパイ. パンは無料で山盛り出てきます.

 さて,問題のストーンクラブですが,mat家が頼んだのは,Selectsというサイズ です. 大きさで値段が決まっているようで,上からJumbo,Large,Selects,Mediumと なっています. 1番高いJumboはメニューに時価と書いてあった.(^^;;

こんな感じです.7ピースですが,写真撮るの忘れていたので2ピースないです.(^^;
知らなかったけど,爪の部分だけなんです. ジュース2杯とコーヒー2杯を足した合計は$65.00. こんなリッチなランチは初めてかも.(^^;

 ランチの後,マイアミビーチに行きました. 1時間程ビーチをぶらぶらと散歩. こんなに寒い(20℃ぐらい)のに泳いでいる人がいた. マイアミビーチ沿いをドライブし, Bayside Marketplaceに行こうとしたけど,到着前に大雨. 駐車場も無料じゃないし,屋根なしモールなので,パスし, Aventura Mallへ. Aventura MallはFlorida MallやSawgrass Mills程ではないですが,250店舗入って いる大きなモールです. モールでショッピングしてから,Wallgreenで写真を受け取り終了.

本日の走行距離:74.4mile(119.7km)

【16日目】マイアミ→デトロイト→日本
 朝まで暗いうちに宿をチェックアウトし,レンタカーを返し,マイアミ空港へ. デトロイト空港で乗り換え,12時間という長いフライトで関西国際空港に戻って きました. 帰りは久しぶりのエコノミーだったので辛かった.(ToT)

本日の走行距離:8.5mile(13.7km)

 今回の旅行の総走行距離は,1,967.9マイル(3,167km)でした. こんなに走ったとは感じなかったのですが,結構走りましたね.

Copyright (c) 1999-2002, Katsushi Matsuda. All Right Reserved.