オリンピック(2000年8月9日〜11日)
 日本から来た友達3人と オリンピック国立公園に行ってきました. 友達の是非とも5人で一緒に泊まりたい,という希望に沿うように,1部屋で大人 5人が泊まれる部屋を探したところ,Lake Crescentにある Log Cabin ResortのChaletが 可能とのこと. 宿はここに決定しました.

 日程の予定は,シアトルからEdmondsまで行き,Kingston行きのフェリーに乗り, S-104,US-101と乗り継ぎオリンピック国立公園に入る. Hurricane Ridge,Lake Crescent,Sol Duc Hot Springs,Hoh Rain Forest, Kalalochの5ヶ所を3日間で2,2,1と回る,というアバウトなもの. 結果的には,1日目にHurricane RidgeとSol Duc Hot Springs,2日目にKalaloch とHoh Rain Forest,3日目にLake Crescentとなりました. 帰りは行きと同じ経路でシアトルまで帰ってきました.

 朝の7時半過ぎにシアトルを出て,8時のフェリーに飛び込み,Port Angelsの ビジターセンターに着いたのが,10時頃. オリンピック国立公園の公式ガイドはここで自由にゲットできます. 前回のマウントレーニエ国立公園旅行 では,日本から来た3人のうち2人しかゲットできなかったのですが,ここでは3人 ともゲットできて大喜び. ビジターセンターに着いた時点ではまだ雲っていたので,晴れるのを待つ間に 2日分の食料を調達にPort AngelesのSAFEWAY に. 朝食はパンとヨーグルトと前日のサラダの残り,夕食は,1日目がスパゲッティ ミートソース,2日目がカレーライスとなりました.

 そうこうしているうちに思った通り,晴れてきたので,まずは一番近い, Hurricane Ridgeへ. Hurricane Ridgeからは,Mount Olympusを最高峰とするオリンピック山系を一望 することができます.

Hurricane Ridgeはその名の通り標高5500フィート(約1700m)程度の尾根です. ビジターセンター付近は大きな木もなく,正面のオリンピック山系を遮る物は なし. そのため,180度のパノラマが体験できます. 写真ではその雄大さが伝わらないのが残念.

 Hurricane Ridgeを後にし,宿泊先のLog Cabin Resortにチェックインし, Sol Duc Hot Springsへ向かいました. すぐにでも温泉に入りたいところをぐっと我慢して,まずはSol Duc Fallsへの トレイル. 片道1km程度のショートトレイルです.

スノクォルミー滝 はツインピークスですが,このSol Duc Fallsはトリプルピークスです. 大きさは全然違いますが. 嫁さんは滝の落ち口の岩の縁まで行けて喜んでいました.

 トレイルで軽く汗をかいた後,いよいよSol Duc Hot Springsへ. 温泉の入り口はこんな感じでした. 大人1人$7.50,貸しタオルは$3(税別)でした. 料金を払う時に希望すれば,1日何回でも出入りできる腕バンドをしてくれます. 25mプールが1つに,ジャグジーを少し大きくした円形プールが2つ(それぞれ温度 が違う),そして温泉の噴水が真中に付いたかなり大き目の円形プールが1つあり ました. 一番温度が高いのが一番大きな円形プールです. それでも華氏で100度,摂氏にして37度のぬるま湯です.
水着の女性4人に囲まれてmatは幸せでした. ハーレム状態とも言う.(*^o^*)V

 翌日,オリンピック国立公園の飛び地である海岸線へ. 海岸線のポイントはOzette,Mora,Kalalochの3ヶ所がありますが,この後 Hoh Rain Forestに行く,ビジターセンターがある,Kalaloch Lodgeでクラム チャウダーを食べる,という条件(?)からKalalochに行くことに決定. Ruby BeachとBig cedar treeに寄ってからKalaloch Lodgeへ. Lake CrescentからKalalochまで意外と距離があります. 2時間以上かかりました. Kalaloch Lodgeの食事はおいしかったです. クラムチャウダーはCupじゃなくBowlでオーダーしましょう. $1しか変わらないのに量は3倍ぐらい違います.

Kalalochの風景は,大きな流木こそありますが,非常に日本的です.(^o^;
オレゴンコーストに通じるものがあります. 日本人には見慣れた風景かも.

 いよいよ一番期待していたHoh Rain Forestへ. Hoh Rain Forestには,3つのトレイルがあります. 18.5マイル(約30km)のHoh River Trail,1.25マイル(約2km)のSpruce Nature Trail,0.75マイル(約1.2km)のHall of Mosses Trailです. Hoh River Trailは余りにも長すぎるのでパスし,残りの2つのトレイルをする ことに. ビジターセンターでどちらが苔(モス)がすごいかを聞いて,すごくない方 (Spruce Nature Trail)からしました. すごくないとはいえ,苔の針葉雨林がメインなので,なかなかのモスりようです. (^o^)
そして本命のHall of Mosses Trailはこんな感じです.

木の下から見上げたところです. 木の幹に苔のファーをひっかけたように見えます.

上の写真はよくポストカードとかになっている苔が最も密生しているところです. 写真では分かりにくいかもしれませんが,乾季になってしばらく経つので苔の色 が赤茶けてきています. きれいな苔を見るためには,雨覚悟で春か秋に来るのが良いかもしれません.

 最終日,Lake CrescentのMarymere Fallsのトレイルに. Strom King Ranger StationでMt.Storm King Trailの程度に聞きに行ったら, matらは一番乗りだったらしく,ドアを開けたとたん,朝から超ハイテンションの おっちゃんレンジャーに迎えられました.(^o^;
あまり調べずに来たのでMt.Storm King Trailのハードさを知らなかったのですが, 往復4.2マイル(約6.8km),標高差1900フィート(約580m),かなりのスイッチ バックとのこと. matら二人なら挑戦するかもしれませんが,今回は国立公園初めての若い女性も いるのでパスし, 往復2マイル(約3.2km),標高差400フィート(約120m)のMarymere Falls Trail のみしました.

途中Barnes Creekとその支流を越えますが,上の写真はBarnes Creekを越える 丸太橋です. 手すりはついていますが.....

Marymere Fallsは,これまた非常に日本的な滝でした.(^o^;;
これでもみじでもあれば,完全に日本の滝です. このトレイルも苔の原生林を歩きます. Hoh Rain Forestほどではありませんが.

 帰りもフェリーを使い,昼過ぎにはシアトルに帰ってきました.  今回の走行距離は3日間合計で556.3マイル(約895km)でした.

Copyright (c) 1999-2002, Katsushi Matsuda. All Right Reserved.