マウントレーニエ(2000年8月8日)
 日本から遊びにきた友達3人と一緒にマウントレーニエに行きました. 前回のマウントレーニエ旅行でも Reflection Lakeに写るマウントレーニエを見ることが出来なかったので, 帰国も近づいた今,最後のチャンスとばかりに気合を入れて出発.(^O^)

 四度目にして初めての地図です.
Reflection Lakeに行くために,パラダイス側から入り,サンライズ側から出ると いう前回と同じルートを採りました. 具体的には,I-5,S-512,S-7,S-706,S-123,S-410,S-164,S-18,I-5です.

 先週末から,午前中は曇り,午後から晴れという天気だったため,シアトルを 出た朝は完全な曇り空. 日本から来た友達らは心配そう. ところが,Alder Lakeに達したところで急に太陽が現れ,公園に入るころには 快晴になってきました.

 お決まりのパラダイスでのマウントレーニエ. ここでみんなで早めの昼食を取り,Reflection Lakeへ移動.

 よかったです. 四度目の正直です. お昼頃になってしまったため,若干風が出ていましたが,リフレクションした マウントレーニエを見ることができました. 雪はほとんど残っていません. Reflection Lakeの周りは若干ぬかるんでいるので,雪解けは最近のことなので しょう.多分.

 Reflection Lakeを訪れた後,前回と同じGrove of the Patriarchsトレイルへ 三人を案内し,7月1日にオープンしたサンライズへ. サンライズへ行くのは我々も初めてです. サンライズのビジターセンター手前のビューポイントからは,マウントレーニエ はもちろんのこと,遠くに1980年に大爆発を起した セントヘレンが見えます.

ほとんど見えませんが,真中の雪が残っている山の上にかすかにセントヘレンが 見えます.

これは同じビューポイントから見た北側の風景です.

 そしてこれがサンライズのビジターセンターから見たマウントレーニエです. あいにく逆光だったため,このような写真しか撮れませんでした. やはり名前の通り,朝に行くべきなんでしょうね.

 我々が訪れた日,パラダイスまでの道路で舗装工事をしていました. そのため,ナラダ滝を含むいくつかのビューポイントが見ることができません でした.残念.

 今回の走行距離は301.5マイル(約485km)でした.

Copyright (c) 1999-2002, Katsushi Matsuda. All Right Reserved.