マウントレーニエ(2000年6月17日)
 前回のマウントレーニエ国立公園旅行 では,風があったため,Reflection Lakeに写るレーニエ山を見ることが できなかった. 良い季節になってきたため,Reflection Lakeに写るマウントレーニエを見に 3度目のマウントレーニエ国立公園に行った.

 朝の6時に自宅を出発し,7時には,I-5を降りる町Parklandに. ここのS-7沿いにはファーストフードがたくさん軒を並べています. 天気が良く,朝早いため,気温はまだ10度以下にも関わらず, バーガーキングのフローズンコーク を飲みたいという嫁さんのリクエストに従って,バーガーキングへ.(^_^;
ところが,7時オープンのはずのバーガーキングが,7時になっても開きません. 何台もの車がオープンを待っています. 10分程遅刻して無事オープン,朝食にありつけました.(^o^;

 9時前には目的地のReflection Lakeに到着. 完璧な快晴,無風,やっと念願のReflection Lakeに映ったマウントレーニエを見る ことができるぞ,と思ったら,駐車スペースからReflection Lakeに降りていく ところは雪の山になっているではありませんか.....(@o@)
その雪の山の乗り越えて,Reflection Lakeに降りていくと.......

参りました.降参です.(-_-;
Reflection Lakeが雪で埋まってありません.(@O@;;
そういえば,Reflection Lakeに来る前にLongmireのインフォメーションで, ReflectionLakeの側(2.5mile)のSnow Lakeで釣りができるかどうかを聞いたとき, 標高がちょっと上のSnow Lakeはもちろんのこと,下のBench Lakeですら池は雪の下 とレンジャーのおっちゃんが言っていた. Snow Lakeのトレイルも,matが,「muddyか?」と聞いたら,「No,Snow」と笑って 言っていたことから当然想像しなければならなかったのかもしれない.

 密かな目的だった,Snow Lakeへのトレイル&釣り,が不可能になってしまった ので,もしもの時のため用に考えていたトレイルコースへ移動しました. matらは,マウントレーニエに来るときはいつも,南西のNisqually Entranceから 入っているのですが,トレイルコースは南東のStevens Canyon Entranceの傍です. 本来なら,Ohanapecosh Visitor Centerから始まる往復5マイルほどのトレイルなの ですが,車でポイントポイントを周れば2マイル弱のショートトレイルが3つになり ます.

 まずは,巨大なDouglas firsとコケ,雪解けの清流が作る原生林のGrove of the Patriarchsへ. 途中には何らかの原因で倒れたDouglas firsがその巨体を我々に見せてくれます. 中には樹齢800年ぐらいのものまであります. ここまでくると直径はほとんど大人の背丈と同じぐらいです.(@o@)
原生林はループになったボードウォークから見ることができます. そのボードウォークの手前に清流を渡る吊り橋があります. あまりにも短く,頑丈な骨組みなので全然吊り橋っぽくなりですが....

下を流れる川は完全な雪解け水で,すごい透明度. 魚もぜんぜんいません.(ToT)

 いつもの吊り橋の写真です.(^O^)

 雪解け水の話題が出た(出したとも言う(^o^;)ので,言及すると,この時期 (6月〜7月)は雪解けの時期で,至る所が即席の滝になっています. 公園内の道で片側が切り立った崖になっているところは50mおきぐらいに滝に なっています.

 次は,Ohanapecosh Visitor Centerから一番近いポイントであるHot Springs です. とは言っても水溜りほどの大きさの温泉です. 下の写真を良くみると,泡や波紋が見えると思います. この源泉から1mぐらいのところの水温はぬるま湯程度でした.

このトレイルの途中に苔石がたくさんある小川がありました. 木漏れ日と苔石で本当にきれいな風景でした.

 最後が,Ohanapecosh RiverのSilver Fallです. 自動車道から50m(標高で)ぐらい降りて行く必要があります. でも雪解けで水が多いため,すごい迫力です. でも残念ながら逆光だったため,あまり良い写真が撮れませんでした. 下の写真は滝のすぐ下にある橋から撮った滝の下流方向です.

 いつもNisqually Entranceから入ってParadiseやReflection Lakeまで行って, 同じNisqually Entranceから出て行く,というコースでしたが,今回はマウント レーニエをぐるっと回ってみようと考えました. Stevens Canyon EntranceからS-123,S-410と北上し,北東の出口から公園を 出ました. 残念だったのが,Sunrise Visitor Center側が雪でまだ開通していないことです. 7月1日に開通します.

この写真は,S-410のWhite River Entranceへ通じる道の傍にあるビューポイント から見たマウントレーニエです. これはマウントレーニエからのほぼ真東から見た風景です. ちなみにReflection Lakeのマウントレーニエはほぼ真南から見た風景です. そしてシアトル市内から見えるマウントレーニエはほぼ真北から見たものです. 真西からマウントレーニエを近くで見るには長い(1日以上)トレイルを しなければいけません. 下の写真はEatonvilleの町はずれ(ほぼ真西)から撮ったマウントレーニエです.

 公園を抜け,Mt-Baker-Snoqualmie National Forestをしばらく走ると Greenwaterの町に入ります. ここには10軒弱のみやげ物屋やバー,レストラン等があります. 逆に公園からここまでの約40マイルほど何もないので注意して下さい. このGreenwaterの次の町がEnumclawです. ここの町はそこそこ大きな町です. でも牧畜がメインです. この町はすごくきれいです.近くまできたら是非寄り道して下さい.

Copyright (c) 1999-2002, Katsushi Matsuda. All Right Reserved.