グランドキャニオン,ブライスキャニオン,ザイオン(2000年4月3日〜13日)
この旅行は,ラスベガス5泊,3つの国立公園で計5泊の10泊11日の日程でした. ラスベガス編と3国立公園編の2部構成です.

【ラスベガス編】

 今回の旅行記は日記風ではなく,それぞれの場所毎にあったことややったこと, 情報を掲載します. 日記は 嫁さんの日記を参照して下さい.

 今年に入って墜落,乗員乗客全員死亡という大事故を起した アラスカ航空668便でラスベガス マッカラン国際空港に到着. 思わずほっ.(^o^;;
シアトルからラスベガスへのランディングは一般に左旋回しておりて行きますので, 左側の席が良いです. もちろん,風向き,出発都市,混雑具合によってアプローチが違う場合があります のであしからず.
ガイドブック等に載っている通り,到着ロビーにはスロットマシンや ビデオポーカーが置いてあり,いやがおうでもバクチ熱が高まります.

 今回の宿は Mirage. 立地条件が良く,そこそこ高級でそこそこ安くて,となかなかグッドなホテルです. 某No.1ラスベガス情報サイトによると,最高級の地位から落ち,際立ったところが ないと酷評されていたけど,全然そんなことはないですね. やっぱり人の評価は千差万別.無条件で信用してはいけませんね.

 ホテル内は他のホテルと同様に広いですが,標識が正確で,案内板地図もあって 好感持てます. 半分ぐらいのホテルは案内板地図がなく,迷ってしまいます.(-_-#
部屋はストリップ側の部屋を確保できました. Venetianがこんな風に見えました.

 もちろん,Mirage名物の無料の火山噴火ショーも部屋から見られました. 上が玄関側からの眺めで,下が通り側からの眺めです.

 Mirageには,ホワイトタイガーがいます.ほとんど寝ていますが,夕方から夜に かけては動いている姿を見ることができます.

 Mirageのカジノのチップです. ブラックジャックで勝った時のものです.(^O^)V
だから100ドルチップがあるんです. 最低の金額が5ドルです. ブラックジャックの最低掛け金も5ドルです. Mirageのブラックジャックの台は夜の12時を過ぎると最低10ドルになってしまい ます. もちろん5ドルの時から連続して遊んでいる客は5ドルで賭け続けられます.

 Mirageのバフェ(日本語ではバイキング)はリーゾナブルです. 朝でも夜でも金額に見合った料理が食べられます. お薦めです.

 Mirageからは系列のTresure Island に無料のトラムが10分間隔ぐらいで運行されています. MirageとTresure Islandは隣あっているのですが,トラムが必要な程離れているん です. Mirage側の乗り口は正面玄関の横,Tresure Island側の乗り口はサーカスショー のMystere シアターの側です. matらがラスベガスに滞在していたころはこのトラムは運行していましたが, 国立公園から帰った日(2000年4月13日)にはメンテナンスのため運休していました. 確か,4月23日頃まで運休すると看板に書いてあったような.....

 そのTresure Islandの名物無料ショーが海賊ショー (正確には,"Buccaneer Bay Sea Battle"という)です. 無料では世界一お金をかけている(人件費ですが...)との噂のショーで, 確かにすごいです. Tresure Islandの正面玄関への橋桁の向かって左側と右側の両方で見ることを お薦めします. 左側は海賊船の船尾に近いところだと水がかかりますが,迫力もすごいです. 右側は橋桁上でも道路側でもどちらでも同じです. 右側で見る時は,ショーが終わって沈んだ船が戻るまで見ていて下さい. 凝っていますよ.(^o^)

上が向かって左側,下が向かって右側のそれぞれ1ショットです.

 Tresure IslandはMirageよりチープなホテルです. カジノでわかります. 5セントのスロットマシンがMirageより多いですし,5ドルのブラックジャック台 もMirageより多いです. そして,5ドルのブラックジャック台がなくなるのはMirageより遅く,夜の1時頃 です. Tresure Islandのバフェは止めた方が良いです. 値段は安いですが,メニューも貧弱です.

 Tresure IslandからMandalay Bay までストリップにあるホテルはほぼ見物したのですが, 全部を紹介する訳にはいかないので,ここでは気になったところのみ掲載します.

 まずはMirageの隣にある Caesars Palace です. Caesars Palaceには, フォーラムショップスがあり,ショッピング客も多いです. しかーし.敢えて言うなら,Caesars Palaceはそう長くはないでしょう. きっぱり.(^O^)
理由はたくさんあります. ストリップ通りから見えるニケ像の噴水に水がない. カジノの天井が低く,客入りが悪い. 天井が低く案内板地図がないため,迷う. フォーラムショップスへの動く歩道が片方向(入る方向)しか動いていないことが あり,出ていく客はカジノまで強制的に行かされ,そこからひたすら炎天下を歩 かないと出れない. 高級という看板はBellagioVenetianに完全に奪われた. 等など.
多分近い内に爆破取り壊しでしょう.(^O^;

 そのBellagioといえば, Venetianの追い上げにも負けず, 現時点でストリップNo.1でしょう.
ショッピング街である Via Bellagioは超高級店ばかり(それが良いとは限りませんが.....)で, すでにここから宿泊客以外の子供はいません. 子供が苦手なmatらには最高です. カジノフロアも天井が高く,豪華です. 系列のMonte Carloへの無料トラム はカジノ奥のレセプションに向かって右奥にあります. そのトラムの側には花壇があります.

そして,Bellagioの名物無料ショーが噴水ショーです. 数パターンあり,夕方(多分4時)から0分と15分に行われます. お金はかかっていないけど,見ていて楽しいショーです. matらが滞在期間中最も回数見たショーです.

バフェも良いです.但し,matらは予算の都合上,朝食バフェを試すことしか できませんでしたが,朝食の美味しさからして夕食も美味しいことでしょう.(^O^;

 Bellagioの向かいにあり,新フォーコーナーを賑わしているのが, Parisです. 安い宿泊費で客を集め,オーバーブッキングしたら,系列の Bally'sへ客の回す,という悪い噂が 流れていますが,見た目のインパクト,立地,ホテルパーソンの質,そして 後述しますが,バフェの質,で赤丸急上昇中のホテルだと思います. 実際,matらも次にラスベガスに来ることがあるなら,Parisにしようと考えて います. 案内板地図がフランス語で書かれているのが難点といえば難点ですが....(^_^;

 エッフェル塔は実際の半分のサイズ,建築期間は実際の10分の1だか20分の1だか, 詳しいことは,エッフェル塔に昇るツアーのエレベーター操作員がおもしろく おかしく説明してくれます. このツアーに行くなら,Bellagioの噴水ショーの時間に合わせて行くべきです. 実際,上のBellagioの噴水ショーのショットもエッフェル塔の上から撮ったもの です.

エッフェル塔がライトアップされるとこんな感じです.

 Parisのカジノのスロットコーナーはこんな感じです. エッフェル塔ツアーへの通路から撮影できます.

 Parisのバフェは最高です. 値段もそこそこしますが,たらば蟹が食べ放題ですし,シュリンプカクテルの 海老は普通の倍ほどの大きさです. おしなべて他の料理もおいしいです. 嫁さんによるとデザートも小ぶりの物が多く,味も日本的な甘さ控え目らしい です. 是非お試しあれ. ついでに系列のBally'sのバフェについても言及すると,ここもグッドです. 中華が充実しており,Paris程値段が高くない割にはおいしいです. バフェの場所が奥まったところにあるのが難点ですが.....

 次は,嫁さんが密かに執着しているLuxor です. 何故執着しているか,というと,エジプトグッズを買いたい,エジプトオブジェ の前で写真を撮りたい,斜めエレベーターに乗りたい,等々の理由です. 宿泊客と違うため,斜めエレベーターに乗ることはできなかったけど,満喫した みたいです.(^o^;

弾む様に歩いて行く帽子をかぶった人が嫁さん.(^O^)
Luxorのカジノは日本人客が多いからか安いスロットが多く設置されていました. また,某No.1ラスベガス情報サイトが言うところの,地下に潜って行くような 感覚になるバフェ(苦笑)はグッドでした. 朝食,夕食と試しましたが,値段が安い割にはメニューも多く,味もそこそこ. 十分満足できます.

 ExcaliburとLuxorと Mandalay Bayを結ぶ無料トラムの 乗り場はスフィンクスの下にある正面玄関の前です. このトラムの運行はシンメトリックではありません. Excaliburのフォーコーナー寄りにある乗り場からは,Luxorを飛ばしてMandalay Bayに直通で行きます. そしてMandalay Bayの乗り場(=降り場)から出発するトラムは,LuxorとExcalibur それぞれに止まります. Luxorの降り場(=乗り場)は正面玄関の前,Excaliburの降り場(≠乗り場)は Excaliburの敷地の真中ぐらいにあります.(-o-#

 フォーコーナーの新名物が New York New Yorkです. これと言った特徴はありませんが,やはり見た目に迫力があります.

 フォーコーナーの重鎮が MGM Grand です. 黒々とした巨大な建物が目を引きますが,世界一客室が多かったのも今は昔, 決して古くはないんですが,今となっては古い方のホテルになってしまい,集客 力は衰えているような感じがします. 確かにカジノフロアは巨大です. ですが,吹き抜けになっており,見通しが利くため迷うことはないと思います. ライオン(本物)も見られます. 上の写真はシンボルのライオン像です.悪名高かった先代に代わって堂々として います.

 まだ完成していませんが,Parisの横に建設中なのがAladdinです. 徐々に出来あがってきており,ペルシャっぽいところが楽しみです. 上の写真はParisのエッフェル塔から見たAladdin(左の建物)です.

 ホテル以外のも見所があります. m&m's worldや Coca Colaショップ, Harley Davidson Cafe等です.  ラスベガス最終日から続く国立公園までの1週間レンタカーを借りました. そのレンタカーで,ラスベガス近郊の見所を見学に行きました.

 ラスベガスから西に20マイル程行ったところにRed Rock Canyon National Conservation Areaという名勝があります. 約20マイルのドライブコースを持った公園で,1時間ほどで見て周れます. もちろん,各ビューポイントからは複数のトレイルが出ていますので,ハイキング も可能です.

 ラスベガスから南に30マイル程行ったカルフォルニア州との州境にあるドライ湖 です. 某No.1ラスベガス情報サイトでは, デスバレーに行く必要なし,と断言され ていたが,実際は単なる茶色い砂地で,対したことありません. 10マイルの直線道路の両脇にドライ湖があり,確かに広大な風景が広がって いるのですが,それほどではありません. 過度の期待をしてはいけません.はい.(-o-)

 ホテル巡りした成果です. 各ホテルのカジノのコイン入れです.

 ラスベガス情報サイトは以下が詳しいです.
ラスベガスフォーラム
ラスベガス大全
ラスベガスラバーズ
個人的には,ラスベガスフォーラムをお薦めします.

【国立公園編】

グランドキャニオン国立公園 ザイオン国立公園 ブライスキャニオン国立公園 に行きました. これらの国立公園はラスベガスに近く,1度に行くことができます. 実際には下の地図のような配置です. 黄色が国立公園,赤星がラスベガス, 青線が移動ルートです.

ラスベガスから,I-515,US-93,I-40,US-66,AZ-64, US-89,UT-9,US-89,UT-12,UT-63,UT-12,US-89,UT-20,I-15と周りました. 途中の国立公園内の移動も含め,総走行距離1,291マイル(約2,065キロメートル) でした. 上の青字のUS-66とはかの有名なヒストリックルート66です. 今回ほに2,3マイル程走りました.(^o^;
でもその短い距離でもルート66の看板がそこらかしこ誇らしげに設置されていま した. ルート66とは,ロスアンジェルスのサンタモニカ埠頭から始まり,シカゴの シアーズタワー前までの2,448マイルのルートです.

 まずは,ラスベガスからグランドキャニオンに向かいました. 途中,フーバーダムがありますが,対したことありません. 大きいのですが,大きさなら黒部ダムの方が大きいし,美しさなら後述の グレンキャニオンダムの方が美しいです.
という訳で,ラスベガスを10時過ぎに出発し,午後の4時頃にはグランドキャニ オンに到着しました. 走行距離(310マイル)の割には結構時間がかかったのは, ラスベガスのSahara Avenueの Albertsonsで国立公園のハイキング と5日間に消費する飲料水と嫁さんのビール,matのコーラを買出ししたり, フーバーダムを見学したり,フーバーダムのすぐ側で起こった事故のため 渋滞したりしたためです. しかし,Albertsonsを選んだのは僥倖でした. なんと,ここのAlbertsonsには今年の始めから店頭から忽然と消えてしまった DoritosのSmokey Red BBQ味が売っていた のです. シアトル近郊でどんなに探してもなかったのですが,こんなところで見つかるなん て..,...(^O^)V
Smokey Red BBQ味はダントツに美味しいので見付けられた方は一度お試しあれ. matらはここで4袋買ってしまいました.(^o^;
ちょっと話が飛んで行ってしまいましたが,そんなこんなでグランドキャニオン には夕暮れのちょっと前に到着しました.

 さすが,グランドキャニオン,すばらしい景色ですね. 公園内に入っても全く何の予兆もない風景が続き,ビューポイントで突然その絶景 が現れる. この演出がすごいですね.

 我々が泊まったのは, Bright Angel Lodgeです. 安かったのですが,シャワーのみの部屋で,作りもほったて小屋みたいです. まぁ,ロッジキャビンですからこんなもんでしょう. でも,中のライトは凝っていました.これはメインのライトです.

 サンセットを見たので,サンライズも見るため,早起きして見に行きましたが, 風が強く,しかも寒い.気温で摂氏0度ぐらい,体感気温は摂氏マイナス5度ぐらい でしょう. 待つことしばし,でもその間にどんどん体力が消耗していきます.(^_^;
やっと登った太陽による陰影も風による砂の霞みであまり見えず,がっかり. 昨日嫌という程風景を見ているため,あまり代わり映えがせず,なんか感激が 薄れてきたような........(^_^;
あまりにも眠たかったので3時間程仮眠してグランドキャニオンを発ちました. 一応ピマポイント以外のすべてのビューポイントを覗きました.(^o^;

 グランドキャニオンからザイオンへのルート中には見所がたくさんあります. ラスベガスからグランドキャニオンへのルートは殺風景な荒野が続きますが, こっちは変化に富んでいて,そして下手するとグランドキャニオンよりもすごい 風景に出会うことができます.

 グランドキャニオンの東出口を出てAZ-64を東に進みます. そうそう,地球の迷い^H^H歩き方では,グランドキャニオンのガソリンスタンド は閉鎖したと書いてありましたが,matらが東出口を出た時(2000年4月9日)は 東出口の手前のガソリンスタンドは営業していました. 話を戻して.
道の左側にはLittle Colorado川が作ったグランドキャニオンに匹敵する風景が 続きます.

グランドキャニオンはあまりにもでかいので逆に迫力はないのですが,こちら はそこそこの大きさで,しかも近いので迫力があります.(^o^)

 US-89を北上すると,同じく左手にグランドキャニオンの上流にあたるマーブル キャニオンが見えます. これは近くには寄れませんが,遠い分,荒野に大きく裂けた穴,という感じがして いい感じです.(^_^)
下の写真で,遠くに見える台形の山の裾野の穴が見えるでしょうか?

 更にUS-89を北上すると レインボウブリッジ (国立公園ではないです)への基地(ワーウィープマリーナ)があるペイジの町 に着きます. ペイジはLake Powellのグレンキャニオンダムの町です.

 そして,昨日より若干遅く午後の5時頃にザイオンに到着. 5時にはビジターセンターが閉まってしまいますので,直接宿泊先の Zion Lodgeにチェックイン. グランドキャニオンのBright Angel Lodgeは1棟1部屋でしたが,ここは1棟4部屋 でした. しかし,見た目からして格段に違います. 新しいし,豪華.内装も完璧なものです. ベッドや机はブランド品,そして何より暖炉があります. 薪を焚く本当の暖炉ではなく,ガスの暖炉ですが,いやがおうでも山荘気分が盛り 上がります.(^O^)
思わずここで2泊することに感謝しました.

 翌日,今日は短いトレイルを4つハイキングする予定. そのため,朝9時にオープン直後のビジターセンターに行く予定です. それに合わせて朝ご飯を食べにロッジ本館に行ってふとレセプションの時計を 見ると..........(-o-;タラー
「もう9時やんけー!!」
そう.そうなんです.実はザイオンがあるユタ州は山地標準時(GMT-700)なんです. シアトルやラスベガスは太平洋標準時(GMT-800)だから,1時間の時差があるんです. じゃあグランドキャニオンがあるアリゾナ州はどうなの?
はい.あなたは鋭いです.アリゾナ州も山地標準時(GMT-700)です. ですから,matらは前日から1時間の時差に気付かなかったことになるわけです. いやいや違います. 実はアリゾナ州は山地標準時(GMT-700)ですが,夏時間を採用していないのです. だから,夏時間の間は太平洋標準時(GMT-800)と同じ時間なのです.

 グランドキャニオンは崖の上からの眺めですが,ザイオンは崖の底からの眺め です. それぞれの山の裾野から見るため迫力があります. そしてザイオンにはさまざまな山があり,変化に富んでいます. そして,メインの観光エリアには,Zion Canyon Scenic DriveとZion-Mount Carmel Highwayの2ルートがあり,この2ルートで風景が全然違います. まずはZion-Mount Carmel Highwayの方について.

 ザイオンにはこのような『目』みたいなものがたくさんあります. 崖の途中から崩れ出したもので,これが上手く進むとナチュラルブリッジに なります. この『目』はザイオンで一番きれいな『目』です. そしてこの『目』の上からの風景が下の写真です.

 東出口の付近は,氷河が岩を削ったような波模様の山が点在しています.

 次に,Zion Canyon Scenic Driveの方について.

このような切り立った山というか崖というのかが道の両脇に乱立しています. そして,我々が泊まったZion Lodgeもこの通りに面しており,下のような風景 が見られます.

 トレイルの途中で出会った生きたターキー.(@o@)
アメリカではターキーが非常に一般的ですが,生きた姿は初めて見ました.

 このZion Canyon Scenic Driveの終点はRiverside Walkトレイルの始まり でもあります. そしてこの1マイル(約1.6キロメートル)のトレイルの終点はかの有名な Virgin River Narrowsトレイルの始まりです. でも,このVirgin River Narrowsトレイルは道ではありません. 川そのものです.(^_^;

この写真はRiverside Walkトレイルの終点で,Virgin River Narrowsトレイル の始まりです. 写真でもわかるように,道はありません.川そのものです. Narrowsを見たい人はこの川を水に入って上っていきます. 川はどんどん狭まり,半日程歩いて行くと,ついには川幅6m,そして両脇には 高さ300mの崖が迫るNarrowsになります. 我々の訪れた日は4月10日でまだまだ水は冷たくとても挑戦できるものではあり ません. でも何人かの人はVirgin Riverを溯って行きました.(@o@;;

Virgin River Narrowsトレイルは本当に危険なトレイルです. 崖が迫った川のため,ちょっとした雨で驚異的に水位が上がるためです. 毎年何人もの人が犠牲になっているそうです. ザイオンにはこのトレイルの他に,モニュメントバレーの岩を小さくしたような Angels Landingという山があり,それの頂上に登る有名なトレイルもあります. matら極楽ハイカーは,そんな危険な,しかも長いハードなトレイルは挑戦せず, 簡単,短いトレイルを4つこなしました.(^o^)

 ザイオンで2泊し,十分堪能し,次のブライスキャニオンに出発. ブライスキャニオンで乗馬をする予定なので,なるべく早く発ち,その日のうちに ブライスキャニオンの車で周れるビューポイントある程度周ってしまおうという 計画. ところがなかなか計画通りに行かないのが世の常.(^o^;
ブライスキャニオンへ後10マイル(約16キロメートル)というところで見つけた のが,レッドキャニオン. あらかじめ知っていたブライスキャニオンの風景にそっくりな風景がいきなり 広がっています.

そして無料でこのように側まで登ることができます. 左の岩の根元の豆粒が嫁さんです.(^O^)
上の写真の左端の岩が下の写真の左の岩です.

 レッドキャニオンに寄り道したけど,なんとか昼前にブライスキャニオンに 到着. ブライスキャニオンの入り口の手前にある Best Western Ruby's Innは非常に 便利です. よくある国立公園への基地となる小さな町ではなく,ガソリンスタンド, ホテル,ツアー窓口,レストラン,ギフトショップ,グローサリー,カメラや 三脚,釣道具からキャンプ道具,靴まで揃うショップが1つのショップとなって います. 売っていない物はない程の充実ぶりです.

 ブライスキャニオンでの宿は, Bryce Lodgeです. 残念だったのは,我々の部屋は,ロッジキャビンではなく,ユニットと呼ばれる モーテルのような棟の一部屋だったからです. 確かにZion Lodgeより安かったのですが......
ユニットの部屋とロッジキャビンの違いは,ずばり,暖炉がない,です.(^O^;
Bryce LodgeのロッジキャビンはZion Lodgeと違い,大家族用(3ベット)っぽかった です.

 車でビューポイントを周ったところ,ずばりInspiration PointからRimトレイル をBryce Pointに向かって登って行き,2つ目のポイントがブライスキャニオンで 一番きれいな風景が見られることがわかりました. ほとんどの人がInspiration Pointで満足して,そのまま歩かず帰ってしまいます が,もったいないです. ちょっとしんどいですが,Rimトレイルを登って行って下さい. 絶対に後悔しません.

これらの2枚の写真がそのポイントからの風景です. 上が陽がまだ高い時,下が陽があたらなくなった時のものです.

 ブライスキャニオンでは,2つのトレイルに挑戦しました. 1つ目が,Sunset Pointから始まるNavajo Loopトレイルです. このトレイルは距離は短い(2.2マイル)ですが,高低差がかなりあります.

このようなツンツン岩の下まで降りて行きます. 下の写真でトレイルのルートがわかると思います. 結構急です. ブライスキャニオンは標高が高いところにあります. 平均2,500mぐらいでしょうか. そのため,この時期(4月11日)でも日の当らない所では雪が残っています. そして当然空気が薄いため,30過ぎのおっさんにはきついです.(^_^;

 谷の底まで降りて行くと,また別世界が広がっています. 有名なのが,光を求めて長く伸びたモミの木々です. モミの根元にいるのが嫁さんです.(^O^)

 行き(下り)と帰り(上り)が違うルートなので,疲れが若干緩和されます. ブライスキャニオン独自のツンツン岩が同じ目線で見られるのもこのトレイルの 魅力の一つです.

 翌日,朝一(10時)の乗馬に挑戦. 一人$30で,2時間です. リュック,サンダルとかは駄目です. 帽子が必須です. 首から下げられるカメラやビデオカメラはOKです.

 出発の15分前にCorralに集合. カウボーイのおっちゃんが参加者各自に馬を割り振っていきます. 嫁さんには『ブレンディー』,matには『オルソー』が割り振られました. 馬に乗り,手綱の扱い方を10秒で教わり,いきなり出発.(^o^;
列の最後尾(mat)とその前(嫁さん)になった我々に,馬が遅かった場合に 馬の尻を叩く鞭を渡し,カウボーイのおっちゃんは一言.
「遅れてきたらこれでびしばし叩けよ」
おぃおぃ,サポートなしかよ.(^o^;
ちゃんと,これが2回目の乗馬だって言ったじゃない.(^_^;

 そんなことお構いなしに,スタート. 約100mほどの平地のコースを列をなして進み,そこからいきなりHorseトレイル に. 40度ぐらいの坂(というか崖)がいきなり現れ,matらはびびりまくり.(ToT)
matはすぐに慣れたけど,嫁さんは暫くは馬の上で固まってました.(^O^)
でも下りが一段落する頃には嫁さんも慣れてきて景色を楽しむことができた よう. matが銀塩カメラ,嫁さんがデジタルカメラを持っていたので,この乗馬中の 写真は嫁さんが撮影したものです.(@o@)
引率のカウボーイのおっちゃん.

初公開,楽しんでいるmatの顔が見える写真.(^o^)

そして半分を過ぎる頃には,構図まで考える余裕があったようです.(@o@)

 乗馬が終わった後,二人で部屋で昼寝.(^o^;
乗馬の心労と長旅の疲れで3時間程熟睡. でもその後,ちゃんと残りのビューポイントを全部周りました.(^O^)V

 ブライスキャニオンでも2泊し,朝の10時過ぎには出発. 一路ラスベガスへ. 5日ぶりのラスベガスの町はなんだか懐かしい感じがしました. でもやはりラスベガスのホテルはでかいです. ラスベガスまで20マイル(約32キロメートル)の標識が出た頃から見えますから.

 またもや同じAlbertsonsでDoritosのSmokey Red BBQを2袋買ってしまいました. (^o^;
そして時間を1時間戻し,その余った時間でブラックジャックをしました.(^O^)
勝ち分で嫁さんがスロットをし,二人揃ってカジノ納.

 最後に各日の走行距離を記しておきます.

どこからどこまで
距離(マイル)
4/7
Las Vegas周辺(Red Rock Canyon, Fashion Outlet)
210
4/8
Las Vegas〜Ground Canyon NP
310
4/9
Ground Canyon NP〜Zion NP
260
4/10
Zion NP内
42
4/11
Zion NP〜Bryce Canyon NP
153
4/12
Bryce Canyon NP内
46
4/13
Bryce Canyon NP〜Las Vegas
270
1,291

Copyright (c) 1999-2002, Katsushi Matsuda. All Right Reserved.